HOME


幕屋の様式
出エジプト 26:1-37

 「その垂れ幕は、あなたがたのために聖所と至聖所との仕切りとなる。」(33)

 今日の御言葉は、幕屋の内部構造についての記録ですが、その中で重要なのは垂れ幕と幕です。垂れ幕は幕屋を覆い隠す幕ですが、すべてつなぎ合わされています。一番内側にある幕はきれいな色でケルビムが織り込まれていて、一番外側にあるものは雨と暴風雨と暑さに直接さらされる部分なので、じゅごんの皮でおおわれていました(14)。従って外部からは幕屋の中にある神様の栄光を直接見ることはできません。ただ罪の赦しの恵みを受けた人々だけが神様の栄光を見る特権が与えられました。
 幕屋は至聖所と聖所から成り立っていますが、至聖所の中には、あかしの箱と贖いの蓋があります(33-34)。ここは大祭司であってもむやみに入ることができない場所です。今日大祭司が7月20日、大いなる贖罪の日に、獣の血で罪の赦しのいけにえをささげた後、入ることができます。それで聖所と至聖所は垂れ幕で厳格に区別しました。この垂れ幕は、まさに聖なる神様と罪を犯した人間の間にある障壁、つまり罪を象徴します。私たちは罪によって神様に出て行くことができませんでした。罪が神様と私たちの間を覆いました。生涯罪が与える苦痛と永遠のさばきを避けることができませんでした。しかしイエス様がみずから十字架で血を流され、肉が裂かれることで、人間の罪の問題を解決してくださいました。イエス様は私たちの仲介者になられ、神様に出て行くことができる新しい生ける道を設けてくださいました(ヘブ10:20)。今私たちはイエス様の恵みを受けて、大胆にいつでも神様に出て行けるようになりました。

祈り:主よ!イエス・キリストが十字架で死んだ、そのことの故に、私が神様の御前へと出て行く道が設けられました。このことを覚え感謝します。

一言:新しい生ける道
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
わたしはそこであなたと会見し
出エジプト記 25:1-22

 「わたしはそこであなたと会見し・・・あなたに命じることをことごとくあなたに語ろう。」(22)

 神様はご自分の民イスラエルを愛され、彼らの中におられ、彼らを祝福することを願われました。それで神様は彼らの中にとどまる聖所を造るように言われました(8)。しかし聖なる神様が罪深い彼らの中にとどまることは、容易なことではありません。それで神様は聖所を神様が定められる方法で造るように、言われました(9)。私たち罪人が聖なる神様に出て行くためには、必ず神様が定められた方法に従わなければなりません。その方法どおりに行なえば、必ず救いを受けます。
 聖所で重要なのは、箱と贖罪所です。箱は証しの板、すなわち神様がモーセに与えられた十戒が刻まれた石版を入れる所です(16)。そして贖罪所は箱を覆うふたです。神様はそこでイスラエルの子孫に会うと言われました(22)。イスラエルの民は証しの板にある神様の御言葉を通して、内面の罪を悟り、悔い改めるようになります。また大祭司がこの贖罪所の上に家畜の血を注ぐことで、民たちは罪の赦しを受けるようになります(レビ16:15,16)。その時、神様と本当の交わりができます。神様は私たちの罪を贖い、私たちに会うために、キリストの血を流してくださいました。私たちが神様に会うためには、御言葉の前で自分の罪を悟って悔い改め、キリストの血を受け入れることで、罪の赦しを受けなければなりません。罪の赦しを受ければ、切られた神様との関係性が回復され、霊的な祝福を受けることができる内的な環境が準備されます。

祈り:主よ!あなたが資格のない罪人のもとへと来てくださったことを覚えて感謝します。私が生涯この恵みを忘れませんように。

一言:罪人に会ってくださる神様の愛
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
神の山に登ったモーセ
出エジプト記 24:12-18

 「山へ行き、わたしのところに上り、そこにおれ。」(12)

 神様は、神の民として新しい出発をするイスラエルの中に、永遠にとどまることを願われました。そのために神様はモーセを山に召され、イスラエルの民を教える律法と戒めをみずから石版に記し、これを与えようとされました。イスラエルは神様と契約関係に入るのです。彼らには神様の御言葉が必要でした。彼らの生きる原則、指標として、神様の御言葉が必要だったのです。神様は、その子どもとして出発した人々が御言葉に従うように願われています。
 イスラエルの民には、モーセという霊的な指導者が必要でした。しかし神様に召されたモーセは民たちをアロンとフルに任せ、神の山に登って行きます。神の山に登って行った彼はそこで四十日四十夜を過ごしました(18)。彼はすべてのことを中断して、四十日間神様の御声を聞くことだけに集中しました。神様はモーセ一人を通してイスラエルの民を導こうとされました。霊的な指導者とは、民を教える前に、まず神様の御声を深く聞き、神様の御旨のままに民たちを導く者のことです。まず最初に神様の御言葉を聞かなければならないのです。一人で御言葉を黙想し、祈り、神様の御声を聞かなければなりません。そうしなければ、福音を伝えた後に、自らが倒れてしまうことになりかねないからです。

祈り:主よ!私が、他人を教える前に、まず、あなたの御声を聞く者でありますように。私に語ってください。御言葉と祈りとを通じて御語りください。

一言:まず主の御声を聞く者こそが
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
血で結ばれた契約
出エジプト 24:1-11

 「見よ。これは、これらすべてのことばに関して、主があなたがたと結ばれる契約の血である。」(8)

 神様はモーセに告げられました。そして、モーセは神様のすべての御言葉とそのすべての定めとを民に告げ、神様のすべての契約を書物に書き記しました。民たちは、神様の仰せられたこと全てを行うことを決断しました(7)。モーセは神様の祭壇にいけにえの血をふり注ぎました。それにより民たちの罪は赦され、きよく洗われました。神様との契約が血によって結ばれるようになったのです。イスラエルの民は神様と契約を結び聖なる民となりました。これは、私たちとキリストの契約の雛形です。私たちは、イエス・キリストの血によって罪を洗い流され、神様の子どもとなりました。キリストの血は、信じる人に罪の赦しと救いを与える神様の契約の血です。どんなに罪に汚れていようとも、イエス・キリストの血を受け入れるならば、驚くべき罪の赦しの恵みに与り、神様の民とされるのです。
 契約を結ぶ前には、モーセだけが神様に近づくことができました。しかし契約を結んだ後にはイスラエルの長老七十人も上って行って、神様を近くで見ることができるようにされました(9,10)。その時、神様はイスラエルの尊い人々に手を出さず、彼らは神様を見て飲み食いしました。私たちがイエス様を受け入れるなら、神様は私たちを永遠のさばきから救われます。私たちは、神様と交わり、やがて、永遠の神様の御国に住む者となるのです。私たちは救われました。このことを覚え、感謝とともに、契約の御言葉に聞き従って行こうではありませんか。

祈り:主よ!イエス・キリストの血の贖いによって、あなたは罪人を救ってくださいました。ありがとうございます。今や、私は、あなたの御言葉に従います。

一言:契約の民として
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
もし御声に確かに聞き従うなら
出エジプト 23:20-33

 「もし御声に確かに聞き従い、わたしが告げることをことごとく行なうなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。」(22)

 神様はご自分の使いをイスラエルの民の前に遣わし、彼らの行く道を守り、カナンの地まで導かれることを約束されました。そして、イスラエルに、この恵みを覚えて、御声に聞き従うように告げられました。彼らが神様の御声に聞き従うなら、神様御自身がイスラエルの敵を消し去ってくださいます。また、彼らのために食物と水を祝福し、彼らのうちから病気を取り除いてくださるのです。彼らのうちには流産や、不妊で苦しむ女性も出なくなります。イスラエルは約束の御言葉をいつまでも覚えるべきです。カナンの偶像やカナン人の行ないではなく、神様の約束を覚えるべきなのです。神様の御言葉に聞き従い、ただ主に仕えるように心に決めるならば、神様は彼らに必要なすべてのものを満たされます。生死、幸不幸をつかさどる御方である神様御自身が守ってくださいます。
 神様は、ご自分の使いを先に遣わされ、カナンの地のすべての民を打たれ、勝利をくださると約束されました。くまばちを先に遣わし、カナンの部族を追い出すと言われました。しかしイスラエルがふえ広がって、この地を相続地とするようになるまでに、敵を徐々に追い払うと言われました(30)。勝利はイスラエルの軍事力や経済力によってもたらされるのではありません。この世に従うのではなく、ただ神様に御仕えするならば、神様がすべての敵から私たちを守り、繁栄へと導いてくださいます。

祈り:主よ!この世が、どんなに私を誘惑し、威嚇をしようとも、ただ、あなたの御言葉を覚え、聞き従うことができますように。私を御守りください。

一言:聞き従うなら
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ