HOME


神の小羊
ヨハネの福音書 1:19-34

 「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」(29)

 バプテスマのヨハネはまことの光であるイエス様を証しする者として来ました。人々は、「もしかすると彼がキリストではないのか」と思って尋ねました。「あなたはどなたですか。」その時、バプテスマのヨハネは自分がキリストではないことをはっきりと明かしました。彼は預言者イザヤが言ったように、「主の道をまっすぐにせよ。」と荒野で叫んでいる者の声に過ぎませんでした。声は意思を伝達して消え行く存在です。人気と名誉を捨てることは容易なことではありません。しかし彼は自分の名前と栄光を現すことを徹底的に放棄しました。イエス様が誰であるのか、よく知っていたからです。イエス様について、よく知っているなら、私たちは、ただ謙り、イエス様を証しすることができます。
 ヨハネはイエス様をどんな方として証ししましたか。彼はイエス様を見て叫びました。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」世の罪はイエス様を神様として受け入れないことです。人には多くの問題がありますが、最も根本的な問題はまさにそれです。人々が苦しみさまよくのはイエス様を受け入れないからです。また人々はこの問題を解決するためにいろいろと苦労をします。ところがイエス様が世の罪を取り除く神の小羊として来られました。購いのそなえものとなり、十字架につけられて死なれました。それでイエス様は世の罪に対する代価をすべて支払いました。自分の罪ととがだけを見ると、私たちは苦しむだけです。しかし目を上げて神の小羊であるイエス様を見る時、いのちを得ます。

祈り:主よ!世の罪を取り除かれるあなたを通して、私が、永遠のいのちに与ることができますように。私を導いてください。

一言:見よ、神の小羊!
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの福音書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
この方にいのちがあった
ヨハネの福音書 1:1-18

 「この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。」(4)

 万物の初めに御言葉がありました。この御言葉は神様です。この御言葉は、人となって私たちの間に住まわれたイエス様を指します(14)。それでイエス様は単なる偉大な人間ではありません。イエス様は初めにおられた神様です。このイエス様によって万物は造られました。イエス様は万物のみなもとであり、全てのいのちのみなもとです。それでこのイエス様の中にいのちがあります。このいのちはただのいのちではありません。このいのちは霊的ないのちです。また生命力が満ち溢れる本当のいのちであり、永遠の命です。誰でもこのイエス様を信じる時、いのちを得ます。凍りついた大地を割って芽生える新芽のような、生命力が満ち溢れる新しい人生を生きることができます。自分の条件と環境がどうであれ、喜びと満足のある人生を生きることができます。何より永遠のいのちを得ます。またこのいのちは人々の光です。イエス様の光が臨む時、私たちは人生のさまざまな苦しみから救いを得ます。光の人生を生き、神様の子どもになる特権を得ます。
 イエス様は神様ですが、いのちの光をくださるために、人として私たちの中に来られました。罪によっていのちを失い、やみの中で生活している私たちに訪ねて来られ、最も低くなって訪ねて来られました。そしてイエス様は生涯蔑視と嘲笑を受けられました。徹底的にご自分を差し出されました。後には、十字架でご自分のいのちまでも差し出されることで、私たちにいのちと光をくださいました。このイエス様の中に恵みとまことが満ちています。

祈り:主よ!いのちと光として来てくださり、ありがとうございます。私は心を開いて、主イエス・キリストを受け入れます。私のいのちとなってください。

一言:いのちの光イエス様
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの福音書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
祭司の資格
出エジプト記 29:1-46

 「あなたは、アロンとその子らを祭司職に任命せよ。」(9)

 神様はモーセにアロンとその子らに祭司職を委任し、聖別するように言われました。このためにまず祭司自身がすべきことを話されました。自分のためにささげるいけにえを準備した後、会見の天幕で水で洗った後、聖なる装束を着るように言われました。またそそぎの油を取って、その頭に注ぐように言われました(7)。そして準備した贖いのいけにえをささげるように言われました(10-14)。神様はこれを通して、彼らの罪を洗い、彼らをきよく区別されました。祭司は聖なる神様に出て行く人として、彼自身がまず内面の罪を清くすることで、聖別されなければなりません。神様に仕えるしもべの第一の資格は心の純潔ときよさです。きよくなければ、決して主の御業を行なうことができません。私たちが神様の御業に同労する神様の働き人になるためには、心の純潔ときよさを保たなければなりません。
 祭司は、贖いのいけにえに続いて、雄羊を全焼のいけにえとしてささげなければなりません(16-18)。全焼はいけにえの全てを火で焼くことであり、贖いに続く完全な献身を意味します。これを「なだめの供え物」と言います。これは毎日365日自分の生活を神様にささげることを意味します。神様の子どもである私たちは365日神様を恐れ敬い、心と思いと力を尽くして、神様に仕えなければなりません。安逸と怠惰を捨て、忠実に主の御業を行なわなければなりません。自分をきよい生きた供え物として神様にささげる生活をしなければなりません。

祈り:主よ!私に福音の祭司の務めをゆだねてくださり感謝します。私が忠実な福音の祭司になるように助けてください。

一言:きよく献身的な祭司
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
栄光ある祭司の務め
出エジプト記 28:1-43

 「彼らのために、栄光と美を表わすターバンを作らなければならない。」(40b)

 今日の御言葉は、祭司が着る装束についての内容です。神様はアロンのために聖なる装束を作る際、栄光と美を象徴するものとするように、命じられました (2,40)。実際に祭司が着る装束は華麗で、高価な材料で作られました。これは祭司が聖なる栄光ある神様に仕えるためです。ところが祭司の装束の中で最も重要なのは上着であるエポデと胸につける「さばきの胸あて」です。エポデの両肩には二つの肩当てがありますが、神様はその宝石にイスラエルの十二部族の名前を刻むように言われました。また「さばきの胸当て」の十二個の宝石にも、イスラエルの十二部族の名前を刻むように言われました(29)。これは祭司がイスラエルの民の仲介者として彼らの罪を肩に負って、神様の御前に出て行くことを意味します。また民たちの祈りを胸に抱いて、神様に出て行き神様の御旨を求めることを意味します。このように神様と人々の間に仲介者となり、民の罪ととがを心に抱いて祈り、神様の御心を表す仕事ほど尊く栄光あることはありません。それで神様は祭司の装束を栄光ある美しいものに作るように、命じられました。
 神様はキリストを通して、私たちを罪の中から救ってくださり、この時代の王である祭司として立ててくださいました(Ⅰペテ2:9)。腐敗し淫乱な時代に、祭司の務めを担うことはやさしいことではありません。しかしこの努めほど、価値があり美しく、栄光あるものはありません。

祈り:主よ!あなたは、この惨めな者を救われて、祭司の務めまでもお与えくださいました。私がこの恵みを覚えて、務めを担って行くことができますように。

一言:もっとも栄光ある務め
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
祭壇とともしび
出エジプト 27:1-21

 「夕方から朝まで、主の前にそのともしびをととのえなければならない。」(21)

 幕屋の外にある庭に、青銅で出来た祭壇が置かれました。この祭壇は祭司がいけにえをささげる時に、全焼のいけにえとしてささげる祭壇です(30: 28)。この祭壇の四隅には角がありますが、この角は救いや力を象徴します。人は罪によって火で焼かれ、死ぬしかありませんでしたが、獣が代わりに死にました。そしてその獣の犠牲によって、救いを得るようになりました。祭壇では、獣やほかのいけにえを焼いて神様にささげますが、これは100%の犠牲と献身を意味します。イエス様の血によって救われた神様の子どもたちが救いに満足して自分のために生きてはいけません。体と心を、神様が喜ばれる聖なる生きた供え物としてささげなければなりません。
 神様はモーセに純粋な油を使ってともしびを絶やさないように命じられました。ともしびは暗い夜に幕屋の内部を照らし、祭司の活動を容易にする役割を果たしました。神様は祭司たちが夕方から朝までいつも主の前にそのともしびをととのえるように命じられました。「ととのえる」とは「真心を込めて顧みて、整頓する」ことを意味します。またこの「ともしび」は主の子どもたちが世のやみを照らす光になるために、明るくする祈りの火を意味します。私たちはこの時代の祭司です。祭司たちが365日の間、真心を込めてともしびをととのえるように、福音の祭司たちもたえず祈りのともしびを絶やさないようにしなければなりません。世の人々のために目を覚まして祈らなければなりません。

祈り:主よ!私が、あなたが喜ばれる人生を生き、絶えず祈り、霊的な目を覚ましていることができますように助けてください。

一言:祈りのともしびをととのえよ
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ