HOME > 2007年10月


万物の終わりが近づきました
Iペテロ 4:7-19

 「万物の終わりが近づきました。ですから、祈りのために、心を整え身を慎みなさい。」(7)

I.祈りのために、心を整え身を慎みなさい(7)
 終末になると、人々は不安と焦りから、放蕩した生活をし、にせ預言者について行こうとします。しかし聖徒たちはこのような時であればあるほど、祈りのために、心を整え身を慎んでいるべきです。そうしなければ自分たちも、いつしか試みに陥るようになります。

II.互いに熱心に愛し合さない(8-11)
 終末が近づくほど、人々は自分だけを愛し、利己的になります(Ⅱテモ3:1,2)。しかし聖徒たちは、互いに熱心に愛し合いましょう。愛は多くの罪をおおいます。互いに愛し合う時、あらゆる問題は解決して行きます。兄弟を愛する人には、兄弟の短所とあやまちも美しく見えます。互いに愛し合う所には恵みがあり、喜びがあります。聖徒たちは互いにもてなされることを願うのをやめ、神様の恵みをあずかった良いしもべのように互いに奉仕すべきです。語る人があれば、神様の御言葉にふさわしく語り、奉仕する人があれば、神様が豊かに備えてくださる力によって、それにふさわしく奉仕すべきです。

III.キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい(12-19)
 終末であるほど、聖徒たちには火のような試練が多く起こります。聖徒たちはこれに驚くのではなく、キリストの苦しみにあずかれることとして、喜んでいるべきです。キリスト人として苦難を受けることは、将来主が私たちにくださる栄光の約束手形です。ですから神様の御心として苦しみを受ける時には、善を行ない、自らのたましいを神様に御委ねすべきなのです。

祈り:主よ!私が祈りのために心を整え、身を慎むことができるように助けてください。そして、兄弟を熱く愛することができますように御助けください。

一言:互いに熱く愛し合いなさい
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
同じ心構えで自分自身を武装しなさい
Iペテロ 4:1-6

 「このように、キリストは肉体において苦しみを受けられたのですから、あなたがたも同じ心構えで自分自身を武装しなさい。」(1a)

I.ただ神のみこころのために過ごすようになるのです(1,2)
 キリストが肉体において苦しみを受けられた理由は何でしょうか。それは、私たちが地上での残された時間を、もはや人間の欲望のためではなく、神様の御心のために過ごすようにされるためでした。それで使徒ペテロは聖徒たちに、「あなたがたも同じ心構えで自分自身を武装しなさい。」と言いました。罪の誘惑は甘いです。それは敵が放つ矢のように私たちの心を突き刺します。サタンが放つ罪の矢を避けることのできる人はいません。しかし私たちがイエス様の心で武装するなら、どんな罪の誘惑であっても退けることができます。私たちは地上の残された時を、神様の御心のために過ごさなければなりません。

II.過ぎ去った時で、もう十分です(3-6)
 過去、私たちは肉の欲望に従って、好色、情欲、酔酒、遊興、宴会騒ぎ、忌むべき偶像礼拝などにふけ、異邦人たちがしたいと思っていることを行ないました。しかし私たちはキリスト・イエスを信じることで、昔の生活から抜け出し、新しい生活をするようになりました。私たちの罪深い生活は、すでに過ぎ去った時のことで、もう十分です。世の人々は、聖徒たちが彼らとともに度を過ごした放蕩に走らないので不思議に思い、悪口を言います。しかし最後のさばきの時に、彼らは、生きている人々をも死んだ人々をも、すぐにもさばこうとしている方に対し、申し開きをしなければなりません。聖徒たちは肉体においては人間としてさばきを受けます。しかし霊においては神様によって生きるようになります。そのため霊的に死んだ者たちに福音を証しするのです。

祈り:主よ!イエス様と同じように武装し、罪の誘惑を退けて、主の御旨に従って生きるように助けてください。

一言:キリストと同じ心構えで武装しなさい
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
正しい良心を持ちなさい
Iペテロ 3:13-22

 「ただし、優しく、慎み恐れて、また、正しい良心をもって弁明しなさい。そうすれば、キリストにあるあなたがたの正しい生き方をののしる人たちが、あなたがたをそしったことで恥じ入るでしょう。」(16)

I.心の中でキリストを主としてあがめなさい(13-16)
 私たちが熱心に善を行なうとき、誰が私たちに害を加えようとするでしょうか。しかし主に在る者たちが熱心に善を行なっても、「イエス様を信じる」という理由の故に、苦しみを受ける時もあるかも知れません。そんな時、私たちは一つ覚えていなければならないことがあります。それは、義のために苦難を受ける人には祝福がある、ということです。私たちは迫害を受けた時には、恐れたり、動揺したりせずに、心の中でキリストを主としてあがめ、自分自身をきよめる機会を持たなければなりません。そして、私たちが持ち続ける望みについて尋ねてくる人々に、いつでも弁明できる用意をしておくべきです。それも優しく、慎み恐れ、そして正しい良心を持って、そうすべきなのです。すると私たちの良い行ないを邪魔する人々が、結局ははずかしめを受けるようになります。

II.善を行なって苦しみを受けなさい(17-22)
 善を行なって苦しみを受けることは神様のみこころです。イエス様は完全に正しい方でしたが、悪い人々を神様の御前に導くために、悪い人々の身代わりとなりました。しかしイエス様は肉においては死に渡されましたが、霊においては生かされました。それで捕らわれの霊たちのところに行って、イエス様がキリストであること宣布されました。ノアの時代、箱舟の中にいたノアの八名だけが洪水から救われました。その時、降り注いだ水は、私たちを救うしるしであるバプテスマを意味します。バプテスマは私たちの良心をきよめ、私たちを神様の御許へと立ち返らせるのです。

祈り:主よ!私に正しい良心をお与えください。

一言:正しい良心を持って、最後まで信仰の道を行こう
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
平和を求めてこれを追い求めよ
Iペテロ 3:1-12

 「悪から遠ざかって善を行ない、平和を求めてこれを追い求めよ。」(11)

I.夫に服従し、妻を尊敬しなさい(1-7)
 妻は家庭の平和のために夫に服従すべきです。これは妻が持つべき美徳です。妻が夫を無視し、夫の自尊心を傷つけるならば、家庭の平和が成り立ちません。妻たちは髪を編んだり、金の飾りをつけたり、高価な着物を着るなど、外面的なおしゃれをすることより、柔和と貞淑で内面を装うべいです。その時、信仰の無い夫であっても、妻の敬虔な心とつつましい行ないに感動し、救いを得るようになるのです。
 夫は、妻が自分より弱い器であることを知り、いのちの恵みをともに受け継ぐものとして尊敬すべきです。夫が妻を惜しみなく愛さなければ、やはり家庭の平和は成り立ちません。夫や妻が神様の御言葉に聞き従う時、家庭に平和が訪れます。互いに祈りが妨げられず、よく同労することができます。

II.心を一つにして、あわれみ深くありなさい(8-12)
 主に在る私たちは神様の中で一つの家族、兄弟姉妹として、互いに心一つでありましょう。同情し合い、兄弟のように愛し、あわれみ深く、へりくだる者であるべきなのです。つまりは、イエス様の御心を抱くべきなのです。また私たちは悪をもって悪に報いずに、かえって祝福を与えるべきです。そのようにする時、神様の祝福を相続し、平和を受け継ぐようになるのです。いのちを愛し、幸いな日々を過ごしたいと思う人は舌を押さえて悪を言ってはいけません。悪から離れて、善を行ない、平和を求めるべきなのです。

祈り:主よ!私が人々と平和の関係を結ぶことができますように。

一言:同労する家庭、愛する集まり
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
善を行なうことで苦しみを耐え忍びなさい
Iペテロ 2:11-25

 「けれども、善を行なっていて苦しみを受け、それを耐え忍ぶとしたら、それは、神に喜ばれることです。」(20b)

I.肉の欲を遠ざけなさい(11,12)
 私たちは主に在って、たましいに戦いをいどむ肉の欲を遠ざけていましょう。日々の生活において善を行なうならば、私たちを批判していた不信者たちさえも、神様をほめたたえるようになるのです。不信者たちは私たちの言葉よりも行ないに注目するものです。

II.主のゆえに従いなさい(13-17)
 私たちは、「神様にだけ聞き従う」と言って、人が立てた政府や社会制度に対して、反抗することがあります。しかし、私たちは主に在って、主のために、統治する人々に従うべきなのです。主に在る私たちは、この世の何ものからも自由にされましたが、その自由を悪の口実に用いてはならず、ただ神様に聞き従うことのために用いるべきです。主に在る私たちは、すべての人を敬い、兄弟たちを愛し、神様を恐れ、王を尊ぶべきなのです。

III.善を行なうことで苦しみを耐え忍びなさい(18-25)
 私たちが主人に仕える身分であるならば、主人に従うのが道理です。優しい人に対してだけではなく、横暴な人に対しても従うべきです。苦難を受けても、なお善を行ない、苦しみを耐え忍ぶなら、これは神様の御前で美しいことなのです。しかし罪を犯したために打ちたたかれて、それを耐え忍んだからといって、それが何の誉れになるでしょうか。イエス様は何の罪もありませんでしたが、罪人のように木にかけられました。イエス様は全ての苦しみを耐え忍ばれました。そして、それ故に、私たちは罪の赦しを受け、新しいいのちを得ました。私たちはイエス様に見習って、苦難を受けても耐え忍ぼうではありませんか。悪人たちと一緒になって争うのでなく、善で悪に勝つべきなのです。

祈り:主よ!私は肉の欲を遠ざけて、善に生きて行きます。

一言:イエス様の足跡に従い
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   2007年 10月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ