HOME > 2007年09月


ダビデに向けられた民たちの愛
IIサムエル 17:24-18:18

 「すると民は言った。『あなたが出てはいけません。私たちがどんなに逃げても、彼らは私たちのことは何とも思わないでしょう。たとい私たちの半分が死んでも、彼らは私たちのことは心に留めないでしょう。しかし、あなたは私たちの一万人に当たります。今、あなたは町にいて私たちを助けてくださるほうが良いのです。』」(18:3)

I.ダビデを愛した民たち(17:24-18:8)
 アブシャロムがアマサを軍団長に任命し、全てのイスラエルと共にヨルダン川を渡りました。それでダビデも彼と共にいた民を調べた後、千人隊の長と百人隊の長を立て、「私自身もあなたがたといっしょに出たい。」と言いました。しかし民たちは答えました。「あなたは私たちの一万人に当たります。今、あなたは町にいて私たちを助けてくださるほうが良いのです。」(3)。ダビデは彼らの言葉を聞いて町にとどまりました。代わりに、ヨアブとアビシャイとイタイを戦場に送りましたが、ダビデは彼らに若者アブシャロムをゆるやかに扱ってくれ。」と頼みました。間もなくダビデの軍隊とアブシャロムの軍隊が戦いましたが、アブシャロムの軍隊が大敗しました。ダビデが民たちを愛し、そのいのちを尊く思った時、民たちもダビデを尊敬しました。ダビデと民は深い愛によって結ばれていました。これによってアブシャロムの軍隊に容易に勝つことができました。

II.アブシャロムの死(9-18)
 ダビデは、その愛を裏切り反逆した子どもであっても、変わらなく愛しました。これが子どもに向けられた父親の心です。これはまた罪を犯した罪人たちに向けられた神様の御心です。しかしヨアブは違いました。彼は、アブシャロムが樫の木に引っ掛かっている知らせを聞いたとき、ダビデの命令を無視して、駆け寄ってアブシャロムの心臓を突き通しました。

祈り:主よ!ダビデを愛し尊敬した民たちのように、私も、あなたのしもべを尊び敬う者でありますように、私をお導きください。

一言:主のしもべたちを愛し尊敬しよう
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
アヒトフェルのはかりごとを打ちこわされた神様
IIサムエル 16:15-17:23

 「これは主がアブシャロムにわざわいをもたらそうとして、主がアヒトフェルのすぐれたはかりごとを打ちこわそうと決めておられたからであった。」(17:14b)

I.アヒトフェルのはかりごとと、フシャイのはかりごと(16:15-17:13)
 アブシャロムとイスラエルの民がエルサレムに入り、アヒトフェルもアブシャロムと一緒にいました。その時、ダビデの友フシャイがアブシャロムのところに行き、彼を王として迎え仕えると言いました。フシャイはダビデが潜伏させたスパイでした。アヒトフェルが最初に出した策略は、アブシャロムがイスラエルの群衆の前でダビデのそばめたちのところにはいることでした。アヒトフェルが次に出した計略は、ダビデを打つために、夜間に奇襲作戦を敢行することでした。ところがアブシャロムは今度はフシャイの意見も聞きました。その時フシャイは密かにアブシャロムの心に、ダビデに対する恐れを植える一方で、それらしく話しましたが、実際は何の効果もない作戦を提示しました(11-13)。

II.アヒトフェルのはかりごとを打ちこわされた神様(14-23)
 アブシャロムがアヒトフェルのはかりごとを選んだのなら、成功したことでしょう。しかし虚栄心の強いアブシャロムや、それらしいものを好むイスラエルは、内容のないフシャイのはかりごとがより良いと思いました。しかしその中にはアブシャロムにわざわいを下すために、アヒトフェルの良いはかりごとを打ちこわされる神様の計画が隠されていました(14)。結局自分の作戦が採択されなかったので、アヒトフェルは故郷に帰り、自殺してしまいました(23)。いくら良い作戦であっても、神様が打ちこわそうとされるなら、成し遂げることができません。

祈り:主よ!私と集まりの中から、あらゆる悪いはかりごとを打ちこわしてくださいますように、今、祈ります。

一言:アヒトフェルのはかりごとを打ちこわしてください。
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
謙遜に懲らしめを受けるダビデ
IIサムエル 16:1-14

 「たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」(12)

I.ずるがしこいツィバ(1-4)
 ダビデが亡命の道を歩んでいると、ヨナタンの子メフィボシェテに仕えるツィバが多くの贈り物を携えて、ダビデを慰めるために出て来ました。しかしその影には悪賢いたくらみがありました。彼は多くの贈り物でダビデを慰めることで、ダビデに、自分の誠意を信じさせた後、偽りを言いました。すなわち、メフィボシェテが『きょう、イスラエルの家は、私の父の王国を私に返してくれる。』と言ったと嘘つきました。ダビデはツィバの言葉を聞いて怒りのあまり、あまり深く考えずに「メフィボシェテのものはみな、今、あなたのものだ。」と言ってしまいました。いくら多くの贈り物をくれるからといっても、ツィバのような人には警戒しなければなりません。

II.のろいを神様に委ねたダビデ(5-14)
 ダビデがバフリムという所に来た時、サウルの家の一族のひとりだったシムイがダビデを呪いました。彼は、神様がダビデを廃され、再びサウルの王家を立てられると思いました。アビシャイはそんなシムイを短剣で殺そうとしましたが、ダビデは、その呪いが、神様が彼に命じられたことである、と考えました(11)。自分から出た子どもでさえも、自分のいのちをねらっているのに、このベニヤミン人としてはなおさらのことだ、と言いました。そうしながらも、その一方では神様が自分の心をご覧になり、そののろいに代えて、しあわせを報いてくださることを信じました。ダビデは人から受けた全ての蔑みと苦しみを直接はらさずに、神様に委ねました。

祈り:主よ!私が人々からどのような扱いを受けても、感情のままに行なわず、ただただ、全てをあなたの委ねます。私を統治してください。

一言:のろいに代えて、しあわせを報いてくださる
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
患難と主権への信仰
IIサムエル 15:13-37

 「もし主が、『あなたはわたしの心にかなわない。』と言われるなら、どうか、この私に主が良いと思われることをしてくださるように。」(26)

I.忠臣イタイ
 ダビデは愛する子アブシャロムが反逆したという知らせを聞きました。ダビデ王は怒りにとらわれ、息子アブシャロムと彼と共にいる民たちと戦うこともできました。しかしダビデは民たちのいのちを考え、逃げる道を選びました(14)。
 ダビデが処せられた状況は緊迫していて、悲惨なものでした。ところが共に逃げる家来の中でイタイがいました。イタイは外国人として、ダビデとアブシャロムの問題に巻き込まれる必要がありませんでした。しかし彼はダビデが行く所にはどこででもついて行くと、誓いました。患難の時にイタイのような忠実な人がいれば、どれだけ大きな慰めになるのでしょうか。

II.知恵を持って対処するダビデ(24-37)
 ダビデは契約の箱を担いで逃げようとするツァドクに、神様の箱をエルサレムに担いで行くように、命じました(25)。彼はアブシャロムの反逆事件にも、神様の良き御旨があることを信じ、自分のいのちと王位を神様の主権に委ねました(26)。そうしながら彼は議官アヒトフェルの助言を愚かなものにしてください、と神様に祈りました(31)。
 ダビデは息子が自分を裏切ったという事実の前に、怒りで歯軋りをし、判断を誤ったり、自責のために絶望したりしませんでした。彼は神様の主権を受け入れ、祈りました。神様に全てのことを委ねました。結局このダビデが勝ちました。

祈り:主よ!私は、患難に処せられた時に、あなたの義、あなたの主権を受け入れて祈ります。御手を差し伸べ、救い出してください。

一言:患難の時にも、義なる神様の主権を信じよう
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
人の心を盗む罪
IIサムエル 15:1-12

 「アブシャロムは、さばきのために王のところに来るすべてのイスラエル人にこのようにした。こうしてアブシャロムはイスラエル人の心を盗んだ。」(6)

I.民の心を盗んだアブシャロム(1-6)
 アブシャロムはイスラエル人の心を盗みました(6)。盗みとは人のものをかすめ、自分のものにすることです。イスラエル人の心は第一に神様のものであり、次にダビデのものでした。イスラエルは心を尽くし、命を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、神様を愛さなければならず、また一心にダビデ王に仕えなければなりませんでした。ところがアブシャロムは民の心を盗み、自分に向けさせました。彼は神様のものを盗むだけではなく、王のものも盗む大きな罪を犯しました。私たちは、人々の心が自分に向けられ、また自分に釘付けになることを願いがちです。しかしこれは大きな罪であることを知らなければなりません。

II.みずから王になったアブシャロム(7-12)
 民の心を盗んだアブシャロムはみずから王になり、議官アヒトフェルを自分の側につかせました。そしてこのことが次第に大きくなると、アブシャロムにくみする民たちもさらに多くなりました。アブシャロムが民の心を盗んだ目的は、自分が王になるためであることが明らかになりました。彼は反逆罪を犯し、民たちまでも巻き込みました。人々は人のお金や権威、名誉、努力を盗むことを大きな罪と思いますが、人の心を盗むことは罪とは考えません。しかし心を盗むことより、大きな罪はありません。

祈り:主よ!私が人の心を盗む悪いことをしません。人々の心を神様に向けさせます。

一言:人の心を盗む罪
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<   2007年 09月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ