HOME > 旧約聖書 > サムエル記第一 > サムエルの遺言


サムエルの遺言
Ⅰサムエル 12:1-25

 「サムエルは民に言った。『恐れてはならない。あなたがたは、このすべての悪を行なった。しかし主に従い、わきにそれず、心を尽くして主に仕えなさい。』」(20)

I.主の前で正しく生きたサムエル(1-5)
 サムエルはサウルに全ての統治権を渡しながら、今までも自分の人生を話しました。彼はいくらでも士師としての特権を利用することができました。しかし彼は特権を乱用して、牛やろば、わいろを取りませんでした。彼は神様と民の前で、恥ずかしくない生活をしました。道徳は指導者の必須条件です。卓越した道徳はサムエルを最後まで影響力ある霊的な指導者にしました。

II.最後までイスラエルの罪を悟らせるサムエル(6-25)
 神様はイスラエルの叫び声を聞かれエジプトから救ってくださり、イスラエルが神様の恵みを忘れた時、国々の民を通して打たれました。しかしイスラエルが悔い改めた時、再び士師たちを通して救ってくださいました。ところがアモンが攻めて来た時、彼らは王である神様のことを考えずに、ほかの国のように自分たちにも王を立てて欲しいと頼みました。これは神様を疑い、異邦の国々を見習おうとする罪です。神様は彼らの要求どおりサウルを王として立ててくださいました。サムエルは、王が神様に仕えればいいですが、そうでない時、神様が打たれることを警告しました。そして民たちに「ただ、主を恐れ、心を尽くし、誠意をもって主に仕えなさい。主がどれほど偉大なことをあなたがたになさったかを見分けなさい。」と言いました。サムエルは良いことばでしめくくって、引退することもできました。しかし彼は最後までイスラエルの罪を悟らせ、彼らのために祈ろうと心に定めた真の指導者でした。

祈り:主よ!私がサムエルのように正しい生活をし、最後まで民たちを助ける霊的な指導者になるように助けてください。

一言:最後まで民たちを助ける霊的な指導者
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ