HOME > 旧約聖書 > サムエル記第一 > 霊的な怒りで国を救った王


霊的な怒りで国を救った王
Ⅰサムエル 11:1-15

 「サウルがこれらのことを聞いたとき、神の霊がサウルの上に激しく下った。それで彼の怒りは激しく燃え上がった。」(6)

I.神様の霊が下ったサウル(1-11)
 アモン人ナハシュがヤベシュ・ギルアデを侵略して陣を敷いて威嚇しました。ヤベシュ人は早々とおびえ、降伏しようとしました。ナハシュは、全イスラエルの目をえぐり取る、と威嚇をすると、民たちは声を上げて泣きました。サウルがこの知らせを聞いた時、神様の霊がサウルの上に激しく下ったので、彼の怒りは激しく燃え上がりました。彼は神様の民を冒涜するアモン人に対して怒り、弱く泣いてばかりいる民たちに対して怒りました。そして追って来た牛を取り、これを切り分け、イスラエルの国中に送り、「サウルとサムエルとに従って出て来ない者の牛は、このようにされる。」と言わせました。すると泣いていた民たちの心に主に対する恐れが臨みました。そしておよそ三十万の民がいっせいに戦おうと立ち上がりました。サウルは彼らを三つの部隊に分け、夜明けにアモンの陣に奇襲をかけ、打ち滅ぼしました。神様の霊が下ったサウル一人の霊的な怒りが、泣いていた民たちをいっせいに立たせました。彼らを神様の軍隊にして、敵と戦い、国を救うようにしました。神様の霊が下った人が民族を救いました。

II.民たちから王として立てられたサウル(12-15)
 サウルによって救いを得た民たちは、ようやくサウルを王として認めました。その時、サウルは前に自分を無視した者たちも、謙遜に抱きました。全ての民がサムエルの導きによって、ギルガルでサウルを王として立て、主の前に和解のいけにえをささげることで、国を新しくしました。

祈り:主よ!私に主の霊が下り、霊的な怒りを持つようにしてください。

一言:霊的な怒り
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ