HOME > 新約聖書 > ローマ人への手紙 > 神様に捨てられた人々


神様に捨てられた人々
ローマ 1:24-32

 神様は、不正で真理を妨げる人々に対して、お怒りになりました。神様は私たちを堕落した本性のままにして置かれました(24,26,28)。本文は、本性が腐敗した人間が、神様に捨てられた時、どれだけみじめになるのかを教えてくれます。

I.心の欲望のまま生きるようになる(24,25)
 神様は、お怒りになり、彼らをその心の欲望のままに汚れに引き渡されました(24)。それで心の欲望のままに、互いに汚しあい、神様の真理を偽りと取り代え、被造物を創造主よりも、高くし、それに仕える偶像崇拝者となります。

II.恥ずべき欲望どおりに生きるようになる(26,27)
 神様は彼らを恥ずべき情欲に引き渡されました。人々は自然な用を捨て、女は女と、男が男と恥ずべきことを行なう同性愛を楽しみ、変態の性生活をするようになりました。このような者は獣よりも劣る人々です。このような人は性病やエイズに感染し、その誤りに対する当然の報いを自分の身に受けています(27)。

III.してはならないことをするようになりました(28-32)
 神様は彼らを良くない思いに引き渡されました。良くない思いは堕落した本性を指します。神様に捨てられた人々は、結局堕落した本性の通りに、さまざまな罪を犯すようになります。世の中は多くの残忍な罪と醜い行ないによって、悪の巣窟になってしまいました。無秩序と混沌と罪の悪循環だけが繰り返されるだけです。

祈り:神様に捨てられた人生がどれだけ惨めであるのかを悟らせてくださり感謝します。私は主を心の中心にお迎えします。私の心を治めてください。

一言:神様を離れては自由がない
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2022年 05月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ