HOME > 新約聖書 > ヨハネの福音書 > 世を愛された


世を愛された
ヨハネの福音書 3:16-21

 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。」(16)

 世は神様を愛しませんでした。神様を知っていましたが、神様をあがめもせず、感謝もしませんでした。神様を裏切り、神様に反逆しました。神様に敵対しました。このような世は当然滅ぼされるべきでした。私たちもこのような世の中で、罪の中を行き、滅ぼされる者たちでした。しかし神様はこのような世を愛されました。それも、そのひとり子をお与えになったほどに愛されました。世が受けるべきすべての裁きを、御子が代わりに受けるようにされました。そして今は誰でも彼を信じる者は滅びることなく、永遠のいのちを受けるようにされました。神様はこのように私たちを愛してくださいました。私たちはこの神様の驚くべき愛によって、永遠のいのちを受けるようになりました。世の人々に、この大きな愛を証しする生へと導かれたのです。
 神様が、ご自分の御子を世にお遣わしになったのは、世の中をさばくためではなく、救おうとされるからです。それで誰でもひとり子をお与えになった神様の愛を悟り、イエス様を信じる人はさばかれることがありません。しかし信じない人はすでにさばかれています。それは彼らが自分の行ないが悪いので、光よりもやみを愛したからです。人々は、「理解できないので信じることができない」と言うかも知れません。しかし、知識が問題なのではなく、罪こそが問題なのです。罪を愛するために、信じることができないのです。罪を愛する心から立ち返り、神様の愛を受け入れるならば、永遠のいのちを得るのです。

祈り:主よ!ひとり子をお与えくださった、あなたの大いなる愛を思うとき、私は胸の詰まる思いです。私が、あなたの愛を覚え、永遠のいのちに与るものでありますように。

一言:その大いなる愛
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの福音書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<   2017年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ