HOME > 新約聖書 > ヨハネの福音書 > 最初のしるし


最初のしるし
ヨハネの福音書 2:1-12

 「イエスはこのことを最初のしるしとしてガリラヤのカナで行ない、」(11)

 イエス様と弟子たちがカナの婚礼に招かれました。ところが婚礼の席で、必ずなくてはならないぶどう酒がなくなりました。盛り上がった宴会の雰囲気がしらけ始めました。今日のようにすぐに用意できるわけではないので、これは深刻な問題でした。マリヤはこの事実をイエス様に知らせました。しかしイエス様は拒絶されました。イエス様の時がまだ来ていなかったからです。しかしマリヤは気を落とさずに、手伝いの人たちを準備させました。マリヤは主が働ける環境を備えて置いて、時を待ちました。時になると、イエス様は手伝いの人たちに言われました。「水がめに水を満たしなさい。」彼らはこの御言葉に聞き従いました。彼らは縁までいっぱいにすることで、積極的に従いました。イエス様は「その水をくんで、宴会の世話役のところに持って行く」ように言われました。手伝いの人たちはまたその通りに従いました。人々はぶどう酒になった水の芳醇な味に驚きました。イエス様は危機を感嘆に変えられました。大きな喜びをくださいました。ところがその働きの後ろには従順する人々がいました。主は従順する人々を用いられます。
 これはイエス様が行なわれた最初のしるしです。イエス様は最初のしるしを通して、ご自分の栄光を現されました。「ご自分の栄光」とは「神様の栄光」のことです。神様であるイエス様はぶどう酒がなくなった人々に喜びをくださいます。イエス様はこの世で味わうことのできない喜びをくださる方です。それで誰でもこのイエス様を信じるなら、世の中では得ることのできない喜びと祝福を得ます。

祈り:主よ!私が、あなたを信じる信仰を通して、この世では得られない喜びと祝福に与る者となれますように。私を助け導いてください。

一言:大きな喜び、イエス様
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの福音書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   2017年 05月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ