神の小羊
ヨハネの福音書 1:19-34

 「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」(29)

 バプテスマのヨハネはまことの光であるイエス様を証しする者として来ました。人々は、「もしかすると彼がキリストではないのか」と思って尋ねました。「あなたはどなたですか。」その時、バプテスマのヨハネは自分がキリストではないことをはっきりと明かしました。彼は預言者イザヤが言ったように、「主の道をまっすぐにせよ。」と荒野で叫んでいる者の声に過ぎませんでした。声は意思を伝達して消え行く存在です。人気と名誉を捨てることは容易なことではありません。しかし彼は自分の名前と栄光を現すことを徹底的に放棄しました。イエス様が誰であるのか、よく知っていたからです。イエス様について、よく知っているなら、私たちは、ただ謙り、イエス様を証しすることができます。
 ヨハネはイエス様をどんな方として証ししましたか。彼はイエス様を見て叫びました。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」世の罪はイエス様を神様として受け入れないことです。人には多くの問題がありますが、最も根本的な問題はまさにそれです。人々が苦しみさまよくのはイエス様を受け入れないからです。また人々はこの問題を解決するためにいろいろと苦労をします。ところがイエス様が世の罪を取り除く神の小羊として来られました。購いのそなえものとなり、十字架につけられて死なれました。それでイエス様は世の罪に対する代価をすべて支払いました。自分の罪ととがだけを見ると、私たちは苦しむだけです。しかし目を上げて神の小羊であるイエス様を見る時、いのちを得ます。

祈り:主よ!世の罪を取り除かれるあなたを通して、私が、永遠のいのちに与ることができますように。私を導いてください。

一言:見よ、神の小羊!
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの福音書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   2017年 05月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ