HOME > 旧約聖書 > 出エジプト記 > 祭壇とともしび


祭壇とともしび
出エジプト 27:1-21

 「夕方から朝まで、主の前にそのともしびをととのえなければならない。」(21)

 幕屋の外にある庭に、青銅で出来た祭壇が置かれました。この祭壇は祭司がいけにえをささげる時に、全焼のいけにえとしてささげる祭壇です(30: 28)。この祭壇の四隅には角がありますが、この角は救いや力を象徴します。人は罪によって火で焼かれ、死ぬしかありませんでしたが、獣が代わりに死にました。そしてその獣の犠牲によって、救いを得るようになりました。祭壇では、獣やほかのいけにえを焼いて神様にささげますが、これは100%の犠牲と献身を意味します。イエス様の血によって救われた神様の子どもたちが救いに満足して自分のために生きてはいけません。体と心を、神様が喜ばれる聖なる生きた供え物としてささげなければなりません。
 神様はモーセに純粋な油を使ってともしびを絶やさないように命じられました。ともしびは暗い夜に幕屋の内部を照らし、祭司の活動を容易にする役割を果たしました。神様は祭司たちが夕方から朝までいつも主の前にそのともしびをととのえるように命じられました。「ととのえる」とは「真心を込めて顧みて、整頓する」ことを意味します。またこの「ともしび」は主の子どもたちが世のやみを照らす光になるために、明るくする祈りの火を意味します。私たちはこの時代の祭司です。祭司たちが365日の間、真心を込めてともしびをととのえるように、福音の祭司たちもたえず祈りのともしびを絶やさないようにしなければなりません。世の人々のために目を覚まして祈らなければなりません。

祈り:主よ!私が、あなたが喜ばれる人生を生き、絶えず祈り、霊的な目を覚ましていることができますように助けてください。

一言:祈りのともしびをととのえよ
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<   2017年 03月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ