HOME > 旧約聖書 > 創世記 > 自己発見を助けるヨセフ


自己発見を助けるヨセフ
創世記 44:1-17

 「私たちはあなたさまに何を申せましょう。何の申し開きができましょう。また何と言って弁解することができましょう。神がしもべどもの咎をあばかれたのです。」(16)

 ヨセフは兄たちを送り、ベニヤミンの袋に銀の杯を隠して置いて、家の管理者を送って追求するように命じました。「なぜ、あなたがたは悪をもって善に報いるのか。」すると兄たちは、袋の中にあった銀も持って来た自分たちがどうしてそのようなことができるのか、杯が見つかった者は殺され、自分たちはみな奴隷になると答えました。ヨセフの家の管理者は「それが見つかった者は、私の奴隷となり、他の者は無罪としよう。」と言って、年の順に袋を開けて調べました。ところが銀の杯はベニヤミンの袋から発見されました。彼らがエジプトに下ってくる時、最も恐れていたことが起きました。すなわちベニヤミンが帰れなくなったことが、現実のものとなったのです。
 その時、ユダは兄たちの代わりにヨセフに言いました。「私たちはあなたさまに何を申せましょう。何の申し開きができましょう。また何と言って弁解することができましょう。神がしもべどもの咎をあばかれたのです。今このとおり、私たちも、そして杯を持っているのを見つかった者も、あなたさまの奴隷となりましょう。」(16)。兄たちは以前のようであるなら、ベニヤミンだけを残して、自分たちは逃げたことでしょう。しかし彼らはヨセフの訓練を通して、神様を覚えるようになりました。神様の前に立った時、罪人であることを告白せずにはいられません。同時にベニヤミンに対して責任感を持つようになりました。ヨセフは「ベニヤミンだけが私の奴隷になればいい。」と言いました。しかし彼らは最後まで責任を負うと言いました。兄たちはヨセフの訓練を通して、神様の前で自分を発見するようになりました。

祈り:主よ!訓練を通して、神様の前で自分を発見して行く者になるように、助けてください。

一言:神様の前での自己発見
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ