HOME > 新約聖書 > ヨハネの黙示録 > 封印のさばき


封印のさばき
黙示録 6:1-17

 「また、私は見た。小羊が七つの封印の一つを解いたとき、」(1)

 これから黙示録の本文は、七つの封印、七つのラッパ、七つの鉢のさばきが一定の規則で構成されています。小羊イエス様が七つの封印を順番に解いていかれます。第一の封印は白い馬に乗った者が弓を持っていました。彼は勝利の上にさらに勝利を得ようと出て行きました。第二の封印は、赤い馬が出て来ますが、地上から平和を奪い取って、戦争が起こり、互いに殺し合うようになります。第三の封印は、黒い馬が出て来ますが、量りを手に持っていました。小麦の値段が八倍に暴騰するほど、深刻なききんが起こります。第四の馬は、青ざめた馬ですが、その馬に乗っている者の名は死です。彼らは地上の四分の一を剣とききんと死病と地上の獣によって殺します。このように神様のさばきは次第に強化されます。
 第五の封印は、さばきではなく、信仰を守って殉教した人々の叫び声です。「いつまでさばきを行なわず、地に住む者に私たちの血の復讐をなさらないのですか。」。神様は彼らに勝利を象徴する白い衣をお与えになります。また、「殺されるはずの人々の数が満ちるまで、もうしばらくの間、休んでいなさい。」と言われます。これは更に多くの殉教者が出ることを意味します。第六の封印は、そのさばきの領域が地と宇宙に拡大します。第六の封印を解いた時、大きな地震が起き、太陽が黒くなり、月の全面が血のようになります。星は地上に落ち、天は消えてなくなります。山と島がその場所から移されます。その時、地上で自分の権威を誇っていた人々がほら穴と山の岩間に隠れ、泣き叫びます。神様が地上をさばかれる時、誰も耐えることができません。私たちは今悔い改め、救いを受けなければなりません。

祈り:主よ!私が将来世をさばかれる神様を恐れ、信仰を守って生きるように助けてください。

一言:だれがそれに耐えられよう
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの黙示録

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<   2019年 09月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ