HOME > 2008年04月 > 21日


祭りを行なわねばならない
出エジプト記 23:1-19

 「年に三度、わたしのために祭りを行なわなければならない。」(14)

 神様の民は偽りのうわさを言いふらしてはなりません。悪を行う権力者の側に立ってはならず、不正な証しをしてはなりません。また、貧しい者の訴えだからと偏向してもいけません。牛やろばが迷っているのを見つけた場合、それが敵のものであっても、その人に返してあげなければならず、ワイロは受け取ってはなりません。自分の利益のために公義を捨て、隣人を顧みないならば、神様を悲しませることになります。神様の子どもはいつでも真実に正直に、真理の側に立って生きて行くべきです。
 神様の民は六日間は熱心に働き、七日目には霊的、肉的な休みを得る必要があります。その日には、しもべたちと寄留者たちだけではなく、話すことのできない家畜までも安らぎを得るのです(12)。神様は、奴隷や家畜にまでも配慮される御方です。神様は、また、年に三度祭りを行なわなければならないと仰せになります。それは過越の祭り、五旬節、仮庵の祭りです。この祭りは、エジプトの奴隷生活から解放された恵みを覚え、収穫に感謝し、荒野で天幕を張った日々を覚えて感謝するためのものなのです。このような祭りを通じて、神様の民は神様の恵みを覚え、感謝を記憶します。私たちが日々の忙しさに追われているならば、七日目に休むことも、祭りを行なうこともできないでしょう。ですが、時に従って、神様が施してくださった救いの恵みを覚え、感謝の祭壇を築きましょう。神様の幸いがそこにあるのです。

祈り:主よ!あなたは、私を罪の奴隷から救い出してくださいました。私は時ごとに、あなたの御恵みを覚えます。感謝の祭壇を築きます。

一言:時ごとに感謝を
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ