HOME > 2008年03月 > 26日


死者の復活がなければ
Iコリント 15:12-19

 「もし、死者の復活がないのなら、キリストも復活されなかったでしょう。」(13)

I.もし、死者の復活がないなら(12-16)
 当時、異邦人の信者たちの中には、ギリシャ哲学、特に二元論者の影響を受けて、たましいの不滅だけを信じ、肉体を悪いものと見なして、肉体の甦りを信じない者がいました。しかし死者が甦らないとすればどうでしょう。キリストも甦らなかったことになるのです(13,16)。キリストは私たちと同じ肉体を着て、この地に来られました。神様がこのようなキリストを再び甦らせました。それは、死者が甦ることを指し示します(15)。今日も、主に付くと言いながら、死者の復活を信じない人々がいます。彼らは世を愛します。信仰を、この世の成功や御利益のための手段のようにみなします。彼らは本当の望みを喪失しています。主の奇跡的な介入を信じることが出来ず、運命に沈んでいるのです。

II.キリストがよみがえらなかったなら(17-19)
 キリストが甦らなければ、私たちの信仰はむなしく、私たちは罪の赦しを受けることができず、今なお自分の罪の中にいることになるのです(17)。永遠のいのちの望みもありません(18)。福音の証人たちは偽証者となり、キリストのために殉教した人々はみな滅びに至ります。偽りの望みにだまされて労苦し、献身して生きる聖徒たちは、誰よりも憐れです。
 しかし、そうではないのです。イエス様は聖書に示す通りに死者の中から甦られたのです。それ故に、今も数多くの人々が復活の福音を信じて生かされ、罪の赦しの恵みを受け、復活の生ける望みの中に生きています。

祈り:主が甦られたこと、それが私たちの希望です。この望みの中、私は歩みます。聖なる巡礼者の道を歩んで行きます。

一言:最も憐れな者は、主に付くと言いながら甦りを拒絶する者
カテゴリ:新約聖書::コリント人への手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ