HOME > 2008年03月 > 23日


疫病と腫物の災い
出エジプト記 9:1-12

 「主の手は、野にいるあなたの家畜、馬、ろば、らくだ、牛、羊の上に下り、非常に激しい疫病が起こる。」(3)

 パロは、あぶの災いによってひどいめに会うと、イスラエルを近くの荒野に行かせることを約束しました。しかし災いが終わると、またかたくなになります。神様は、今度はひどい疫病と腫物で人と家畜を打たれました。これは生物に感染する伝染病とひどい皮膚病のことでした。以前の災いはしばらくの間、苦しみを与えるものでしたが、この災いは、命と直結したものでした。パロは死の警告も無視してイスラエルの民を解放しなかったため、ひどい疫病を招いて、エジプトの全ての家畜が死に絶えました。しかし、イスラエルの家畜は一頭も死にませんでした。疫病で家畜を殺すことは、エジプトの雄牛の神「アピス(Apis)」と「アヌビス (Anubis)」、雌牛の守護神「ハトホル(Hathor)」を打たれたことをも意味します。しかし、パロの心は依然としてかたくなで、民を解放しようとはしませんでした。
 今度は、モーセがパロの前に立って、かまどのすすを両手いっぱいに取り、天に向けてまき散らすと、その灰がエジプト全土の細かいほこりとなり、エジプト全土の人と獣について、腫物になりました。腫物は皮膚が赤くただれ、ひどいかゆみと水ぶくれとうみで苦しむ恐ろしい皮膚病です。今までモーセと争っていた呪法師たちにも腫物ができ、モーセの前に立つことができませんでした。神様は今度は医術の神「イムホテプ(Imhotep)」を打たれたのです。パロはエジプトの家畜が死に、人々が苦しむのを目の当たりにしながらも、なお心を頑なにし、御言葉を聞こうとはしませんでした。神様の警告を無視すれば、更にひどい災いがもたらされます。手遅れになる前に神様の前に立ち返る必要があるのです。

祈り:父なる神様!さまざまな出来事を通して、私が自らの罪を悟ることができますように。そして、そのとき、すぐにあなたの御許に立ち返ることができますように。私を助け導いてください。

一言:災いの来る前に悔い改めを
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ