HOME > 2008年03月 > 21日


かえるとぶよの災い
出エジプト記 8:1-19

 「わたしは、あなたの全領土を、かえるをもって、打つ。」(2)

 神様はエジプト人の命綱のナイル川の水を打たれ、民たちは水のために大きな混乱を受けました。しかしパロは平然と驕り高ぶっていました。神様はもう一度モーセを遣わされ、「わたしの民を行かせ、彼らにわたしに仕えさせるようにせよ。」と言われました。そうでなければ、今度はかえるの災いを下すと警告されました。エジプト人たちはかえるを、豊かさと多産の象徴として見て、神聖な動物として崇拝しました。かえるの神を「ヘケト(Heget)」あるいは「ヘクツ」と言って、かえるの頭を持った女神の姿を描きました。神様はこのようなかえるでエジプトの全土を覆いつくし、瞬く間に、呪いと苦しみの対象に変えてしまい、彼らの偶像崇拝の愚かさを示されます。
 パロはかえるのために安住できませんでした。かえるが寝室と、かまどと、こね鉢に入り、安らかに寝ることができず、安心して食物を食べることもできませんでした。それでモーセを呼んで、初めてイスラエルを解放すると言いました。今パロのかたくなな心にわずかなすきまがあきました。しかし彼は根本的には悔い改めず、息つく暇ができると、再びかたくなになりました。神様は今度はモーセの杖で地のちりを打って、エジプト全土で、ぶよを異常発生させ、人や獣につかせました。すなわち、土の神「セト(Seth」を打たれたのです。エジプトの呪法師たちも、これをまねをすることはできず、パロに言いました。「これは神の指です。」しかしパロは心がかたくなになり、聞きませんでした。

祈り:父なる神様!ただあなただけが本当の神様です。私があなたの御言葉を聞く時、すぐに悔い改めることができるように、私に謙った心をお与えください。

一言:息つく暇ができても悔い改めを
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ