HOME > 2008年03月 > 19日


命じられたとおりにしたモーセ
出エジプト記 7:1-13

 「主が彼らに命じられたとおりにした。」(6)

 6:14-27節はモーセとアロンの系図です。モーセとアロンの家系は、出エジプトの御業と後にカナン征服の御業を成し遂げる指導者の家系でした。神様がもう一度モーセをパロのところに遣わそうとされます。しかし彼は、自分は口べたなので出来ないと言いました。しかし神様は、モーセをどこまでも助け導かれます。彼が、この使命を担う助けに、アロンを同労者として立てられました。またモーセをパロの前で神とすると約束されました。こうして神様は、モーセが神様の御業を担うために必要な環境を備えられたのです。今や、モーセは、パロに主の命令を伝えることを臆するべきではありませんでした。パロは、イスラエルを行かせようとはしません。しかし、主は、その時、多くのしるしを行うと約束されました。大きな災いをくだし、主の軍隊、イスラエルをその地から導かれると約束されます。最後には、必ず、エジプト人たちは主が神様であることを知るようになることを約束されたのです。
 モーセとアロンが、最初に神様の御言葉の力を体験したのは、杖が蛇に変わるできごとでした。彼らがパロの前に行って、杖をパロに投げると、その杖が蛇になりました。それでパロも呪術者たちを呼び寄せて同じことを行なわせました。ところがアロンの杖が呪法師たちの杖を飲み込みました。この出来事を通じて、モーセとアロンは神様の御言葉の権威を体験し、主の御言葉への信仰を深めます。しかし、パロは神様のこのような力ある御業を体験しても、心をかたくなにし、神様の御言葉をまったく聞こうとはしませんでした。

祈り:父なる神様!私を、あなたの命じられた通りに行なう者としてください。御言葉の権威を体験できるように導いてください。

一言:命じられた通りに
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ