HOME > 2008年03月 > 16日


わたしの民を行かせなさい
出エジプト記 5:1-9

 「イスラエルの神、主がこう仰せられます。『わたしの民を行かせ、荒野でわたしのために祭りをさせよ。』」(1)

 神様は、イスラエルに向けてどのような計画を立て、パロに向けて何を命じられたのでしょうか。モーセとアロンはパロのところに行って言いました。「イスラエルの神、主がこう仰せられます。『わたしの民を行かせ、荒野でわたしのために祭りをさせよ。』」。神様の御旨は明らかでした。「わたしの民を行かせなさい」。神様はご自分の民イスラエルを、時になると、再び取り戻そうとされます。主のものを主に返すことは善です。パロは無条件に神様の民を行かせるべきでしたが、彼が反発することは目に見えていました。しかし、それでもなお、モーセは神様の御言葉に聞き従ってパロに挑みました。信仰は不可能に挑む力です。
 モーセの訴えを聞いたパロはどのように応じたのでしょう。「主とはいったい何者か。私がその声を聞いてイスラエルを行かせなければならないというのは。私は主を知らない。イスラエルを行かせはしない。」彼の言葉は、利己心から出ていました。労働力であったイスラエルを奪われまいとする利己心だったのです。そして、また、主なる神様を知らない霊的な無知から出ていました。霊的な無知は霊的な驕り高ぶりをもたらします。これによって彼はこれから十の災いに直面します。主がどのような御方であるのかを知るために、高い授業料を払うこととなるのです。彼は主なる神様を無視し、モーセとアロンを叱責しました。また監督と人夫がしらに命じて、イスラエルの民により重い労役を加えて残忍に苦しめました。神様の民を押さえつけようとする罪の勢力は強いですが、私たちは決して失望してはなりません。

祈り:父なる神様!私がどんな抵抗にあったとしても、「わたしの民を行かせなさい」とお命じになる、あなたの御旨に用いられる者であり続けることができますように。

一言:不可能に挑む信仰
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ