HOME > 2008年03月 > 14日


ほかの人を遣わしてください
出エジプト記 4:1-17

 「すると申し上げた。『ああ主よ。どうかほかの人を遣わしてください。』」(13)

 神様の召されを受けたモーセの内面には、二つの恐れがありました。一つは、イスラエルの民に対する恐れであり、もう一つは、自分自身に対する劣等感でした。神様はこのようなモーセをどのように助けてくださったのでしょうか。モーセは四十年前に同族から深い傷を受けたことがありました。今神様の召されに応じても、民たちが果たして自分を受け入れてくれるのかという疑問がわきました。神様は、このような彼の問題を、どのように助けてくださったのでしょうか。第一に、杖が蛇になるしるしを見せてくださいました。第二に、手をふところに入れるとらい病にかからせ、また手を入れるときよめられるしるしを見せてくださいました。第三に、ナイルの水を血に変えるしるしを見せてくださいました。この三つのしるしを行なえば、民たちが信じると、言われました。神様はモーセの問題を深く理解され、忍耐を持って助けてくださいました。
 ところが、モーセは、「私は口が重く、舌が重い」ので、このように大きなことをすることはできません、と辞退しました。神様は、このようなモーセが創造主神様を仰ぎ見るように、助けてくださいました。「だれが人に口をつけたのか。だれがおしにしたり、耳しいにしたり、あるいは、目をあけたり、盲目にしたりするのか。それはこのわたし、主ではないか。」それでもモーセが「どうかほかの人を遣わしてください。」と言うと、神様の怒りがモーセに向かって燃え上がりました。神様を信じることができないとき、自分の無能力を主張しがちですが、これは神様がお怒りになることです。霊的な指導者は自分の弱さを見ないで、神様を仰ぎ見るべきです。

祈り:父なる神様!私が自分の弱さを主張した不信仰を悔い改めます。私が主の助けを信じて、聞き従って行きます。

一言:主よ、行きます。
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ