HOME > 2008年03月 > 12日


モーセ、モーセ
出エジプト記 3:1-12

 「神は柴の中から彼を呼び、『モーセ、モーセ。』と仰せられた。彼は『はい。ここにおります。』と答えた。」(4)

 モーセが荒野訓練を受けている間、イスラエルは苦役によって、神様に叫び求めました。神様はイスラエルの民を覚えられました。神様はイスラエルを救うために、まず最初に出エジプトの御業を導く指導者モーセを訪ねて行かれました。神様は、神の山ホレブの柴の中の炎の中でモーセを呼ばれました。「モーセ、モーセ。」四十年の荒野生活の中で、モーセの名前は忘れられていました。しかし神様がその名を呼ばれると、出エジプトの偉大な御業を導く指導者の名前になりました。モーセは、自分が立っていた荒野が汚れた地、呪われた地だと思いました。しかし神様は言われました。「あなたの足のくつを脱げ。あなたの立っている場所は、聖なる地である。」。その地は神様がモーセを精錬された聖なる地であり、彼を出エジプトの指導者として召し出された聖なる地なのです。神様の召されがあるところは聖なる地となります。私たちは履物を脱ぎましょう。神様の召されに応じようではありませんか。
 モーセを召された神様は、彼の先祖の神様、すなわちアブラハムの神様、イサクの神様、ヤコブの神様です。この御方はエジプトにいるご自分の民の苦しみを確かにご覧になりました。叫び声を聞いて、痛みを知って降りて来られました。そしてエジプト人の手から救い出し、彼らを広い良い地、父と蜜が流れる地に導こうとされるのです。この御業にモーセを同労者、指導者として用いようとされます。モーセは四十年前とは違って、柔和で謙遜になっていました。人が絶望した時、その時こそ、神様が働かれる時なのです。

祈り:父なる神様!私のような者をも召され、この世の人々のたましいをあなたへと導く、出エジプトの御業に仕える器として用いようとされていることを覚え、感謝します。

一言:ここにおります
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ