HOME > 2008年03月 > 10日


モーセを引き出された神様
出エジプト記 2:1-10

 「『水の中から、私がこの子を引き出したのです。』と言ったからである。」(10)

 エジプトの王は助産婦たちの信仰によって幼児を殺害することができなくなると、今度は男の子が生まれたらナイル川に投げ入れろ、という命令を出しました。今イスラエルの代は途絶えるしかない状況になりました。神様はこのような絶望的な状況の中で、モーセ一人を救い出され、育てられました。レビの家のひとりの人が結婚をし、男の子が生まれました。ところが両親は、そのかわいいのを見て、王の命令を恐れずに信仰によって三ヶ月間隠しました。ところが子どもの泣き声が大きくなると、これ以上隠しておくことができなくなりました。それでその子をパピルス製のかごの中に入れ、ナイルの岸に置きました。このようにモーセは危惧の運命を持って生まれました。しかし神様の中では運命がありません。
 ちょうどパロの娘が水浴びをしようとして出て来て、葦の茂みに置かれた子どもを見付けました。彼女はその子がヘブル人の男の子であることを知っていましたが、憐れに思う心を持つようになりました。そしてモーセの姉の計らいによって、モーセの生母が子どもの乳母になりました。結局モーセは生母を通して、信仰教育を受けるようになり、後にパロの娘の子として宮中教育も受けるようになりました。信仰教育と宮中教育はモーセが出エジプトの御業を担う指導者として用いられるために必要な訓練でした。モーセの人生は運命的に思えますが、神様が彼を水から引き出された時、摂理の人生、指導者の人生に変わりました。神様はモーセ一人を水から引き出し、育てることによって虐待されるご自分の民を救う計画を始められたのです。

祈り:父なる神様!人間の目に生まれながらの運命であるかのように思えても、あなたが引き出されるとき、私の人生は変えられることを、あなたは教えてくださいました。

一言:運命から引き出され、主の御摂理へと
カテゴリ:旧約聖書::出エジプト記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ