HOME > 2008年03月 > 07日


約束を信じるヨセフ
創世記 49:29-50:26

 「あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。」(50:20)

 ヤコブは子どもたちを祝福した後、もう一度自分をカナンの地に葬って欲しいという遺言を残して、死にました。それでヨセフは父の遺言を守り、ヤコブをカナンの地に担いで行き、マクペラの畑地に葬りました。ところがヨセフは約束の地に対する父の信仰に見習って、自分が死んだ時にも、父と同じ遺言を残しました。「神は必ずあなたがたを顧みてくださるから、そのとき、あなたがたは私の遺体をここから携え上ってください。」(25)。ヨセフは自分は死んでも、神様はその約束どおりにイスラエルの子孫をカナンの地に導かれ、その地をくださることを信じました。この約束が彼のエジプトでの生活の力であり、望みでした。私たちに与えられた神様の御国に対する約束は、この地で生きて行く私たちの望みでもあります。
 ヤコブが死んだ後、兄たちは、自分たちがヨセフを売ったことに対する恐れに、再びさいなまれるようになりました。それでヨセフに訪ねて行き、父の遺言だと言って、自分たちの罪とあやまちを赦して欲しい、と言いました。ヨセフはこのような兄たちを見て、心が痛み、泣いてしまいました。「あなたがたは、私に悪を計りましたが、神はそれを、良いことのための計らいとなさいました。それはきょうのようにして、多くの人々を生かしておくためでした。ですから、もう恐れることはありません。」(50:20-21a)。ヨセフは摂理を信じる信仰の光の中で、自分の人生を見たので、兄たちの罪を心から赦しました。その赦しは変わらないものです。私たちが悪を善に変えてくださる神様の摂理を信じるなら、私に悪を行なった者を寛大に赦し、愛することができます。

祈り:主よ!私が主の約束を信じ、この険しい世の中で望みのうちに住む者になるように、助けてください。

一言:約束を信じる信仰
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ