HOME > 2008年03月 > 06日


祝福するヤコブ
創世記 49:1-28

 「彼は彼らを祝福したとき、おのおのにふさわしい祝福を与えたのであった。」(28)

 臨終を迎え、ヨセフは十二人の子どもたちを呼んで、彼らを祝福しました。ヤコブの長子はルベンでしたが、ヤコブは彼を霊的な継承者とはしませんでした。その次の次男シメオンと三男も、やはり霊的な継承者にはしませんでした。彼らはそれぞれ情欲と憤り、血気につまづいたからです。それでヤコブは四番目の息子であるユダを祝福しました。ユダは、その子孫から救い主が出てくると、預言しました。ユダも人間的にはこのような大きな霊的祝福を受けられる人ではありませんでした。彼はヨセフを妬み、奴隷として売った張本人です。また外国の女性と結婚し、嫁と不倫の関係を結びました。しかしユダは真実に悔い改めて変わり、新しい人になりました。これは神様の御業では、能力のある人より、悔い改めの信仰によって変えられた者が祝福され、用いられることを教えています。
 ヤコブはヨセフをひどく認めました。ヤコブが見る時、ヨセフは神様の助けによって大きな実を結んだ者であり、どんな逆境でも耐え忍ぶ力がありました。このようなヨセフの偉大さのみなもとは全能なる神様でした。ヤコブが個人的な感情で祝福したなら、ヨセフを最も大きく祝福したことでしょう。しかしヤコブは人情よりは神様の御旨の中で、一人一人にふさわしく祝福しました。ヤコブは本来自分を現そうとした人でしたが、神様の中で変えられた時、今は遠い未来を見て、子孫を祝福する祝福のみなもとになりました。

祈り:主よ!私が祝福だけを受けるのではなく、子孫に祝福を与える者になるように、助けてください。

一言:祝福を受ける者から、祝福する者へ
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ