HOME > 2008年03月 > 03日


エジプトに行ったヤコブの家族
創世記 45:16-46:34

 「わたしは神、あなたの父の神である。エジプトに下ることを恐れるな。わたしはそこで、あなたを大いなる国民にするから。」(46:3)

 ヤコブはエジプトから帰って来た息子たちからヨセフの知らせを聞きましたが、信じませんでした。しかしヨセフが彼を乗せようと送った車を見ると、気を取り直して、死ぬ前に行って息子に会う望みを持ちました。神様は彼に現われてエジプトに下って行くことを恐れるなと言われました(3)。ヤコブの家族がエジプトに下って行くことは、神様の計画の一部であり、先祖たちに結んだ約束でした。またヨセフに与えられた夢が成し遂げられることでした。神様の計画は、イスラエルの民がしばらく自分の地を離れ、エジプトの地で大きな民族になることでした。その計画が成し遂げられれば、神様はイスラエルを再び約束の地に帰らせると約束してくださいました。
 それでヤコブは神様の約束をつかんで七十人の直系家族と共にエジプトに下って行きました。ヨセフはゴシェンの地に家族たちを導き、父と涙の再会を果たしました。ヨセフはその時家族を自分のそばに置かずに、ゴシェンの地で牧畜をするようにしました。エジプト人たちは牧畜業を軽んじることで、ヨセフの家族が牧畜をするようになれば、将来彼らから蔑視される可能性がありました。それでもこのようにしたのは、将来子孫がエジプトの文化と偶像崇拝の罪に染まらず、神様の民としての純粋さを守り、自立させるためでした。ヨセフはたとえエジプトの総理であっても現在に安住せず、神様の民としての遠い未来を見て、家族に仕えました。

祈り:主よ!私が信仰によって遠い未来を見て、生きる者になるように助けてください。

一言:未来を見よう
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ