HOME > 2008年03月 > 01日


ユダの悔い改め
創世記 44:18-34

 「ですから、どうか今、このしもべを、あの子の代わりに、あなたさまの奴隷としてとどめ、あの子を兄弟たちと帰らせてください。」(33)

 ユダは、ヨセフがベニヤミン一人だけを奴隷にするという状況で、命をかけてヨセフに切に願い求めました。彼は、自分がどのようにしてベニヤミンを連れて来るようになったのか、を詳しく話しました。ベニヤミンは、父ヤコブが命のように思い、愛する息子であり、父ヤコブの命と子どもの命はつながっていると言いました。それで子どもを失うことになれば、父親も悲しく泣きながらよみにくだる、と言いました。またそれを知っているので、ベニヤミンをエジプトに連れて来る時、自分がその子の保証をしたことを明らかにしました。「もし私があの子をあなたのところに連れ戻さなかったら、私は永久にあなたに対して罪ある者となります。」今ベニヤミンが帰ることができない状況で、自分が父と交わした約束を守ることができるように、ベニヤミンの代わりに自分を奴隷にし、子どもは兄弟たちと一緒に遣わしてください、と切に願いました。
 ユダはかつて嫁タマルと約束をして守りませんでした(38章)。また、父親の気持ちをあまり考えず、弟ヨセフを売り渡した主導者でもあります。そのような彼が、今ベニヤミンを特別に愛する父親の気持ちを深く理解しています。ベニヤミンが行かなければ、父親がその悲しみのゆえ死に掛かることを心配しています。父を愛し、父が愛する弟ベニヤミンを切に愛し、何としても約束を守ろうとしています。ユダの悔い改めは真実であり、具体的な実を結びました。

祈り:主よ!私も悔い改めの実を結び、犠牲的な愛のしもべとして成長するように助けてください。

一言:悔い改めの実を結ぶ人
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<   2019年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ