HOME > 2008年01月 > 14日


主が
創世記 10:1-11:9

 「主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。」(11:9)

 本来、この世界は言葉と文字がみな同じものでした。意思疎通において、何の不便もありませんでした。彼らは互いに心が通じ合いました。彼らは東方のシヌアルの平地に定着しました。そこは肥沃な土地でした。彼らはいのちと繁栄を望みました。そのような彼らは何をしたのでしょうか。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」。自分たちの名前をあげて、散らされないように塔を建てようとしました。自分の名前を出そうとすることは、人間の本性です。主はこれをどのようにご覧になったのでしょうか。主は、彼らが建てた塔よりも、彼らの心の動機をご覧になり、心配されました。神様は彼らの傲慢を心配されました。彼らは神様に挑む心で塔を建てました。彼らが建てている塔は、偶像を崇拝するのに使われる祭壇です。人間の傲慢の象徴であり、帝国が追及する自足の化身です。自分たちの偉大さを象徴させるため、バベルの塔を建てました。
 神様は彼らをどのようにされましたか。ことばを混乱させました。言葉が通じないので、散らされて行くしかありません。以前のように一つになることができません。神様は私たちを通して、私の名前ではなく、ご自分の名前が現されることを願われます。神様は、神様と共に歩む、一つになることを願われます。主は私たちを造られ、祝福されます。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ。」(1:28)。私たちは神様の中で、神様と共に、そして神様の御名を高め、満ち溢れなければなりません。

祈り:主よ!私が自分の名前を高めずに、ただ神様の御名を崇めることで、福音の御業に用いられる者になるように、助けてください。

一言:自分の名前より、神様の御名
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ