HOME > 2008年01月 > 10日


主が命じられたとおりに
創世記 7:1-24

 「ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。」(5)

 ノアが、神様の命じられたとおりに箱舟を作り終えた時でした(6:22)。主がノアに「あなたとあなたの全家族とは、箱舟にはいりなさい。」と命じられました。また獣と空の鳥も取って、その種類が全地の面で生き残るようにしなさい、と言われました。あと七日たつと、神様は地の上に四十日四十夜雨を降らせ、造られたすべての生き物を地の面から消し去られます。その時、洪水を避け、生きる道はただ神様だけです。神様の御言葉に従って、箱舟に入らなければなりません。ノアはすべて神様が命じられたとおりにしました。箱舟を作るように言われても、箱舟に入るように言われても、変わらずにすべて命じられたとおりにしました。ノアにとって信仰とは、主が自分に命じられたとおりにする生活です。これは愚かなことのように見えます。反面自分勝手に生きる人が知恵あるように見えます。しかし人が自分の知恵で救いの道を知ることができません。
 果たして七日後に大洪水の大水が地の上をおおいました。その時、箱舟に入れなかった地の上のすべての生き物がみな死にました。ただノアと、彼と共に箱舟にいた者たちだけが生きました。これは何を意味するのでしょうか。神様がさばかれる時、救いは神様が命じられた通りに行なうことにある、ということです。神様が命じられたことのほかには、他の救いの道はありません。神様は、天と地、人に救いを得させる別の名前を与えたことがありません。ただイエス・キリストだけが救い主の名前です。それでただその方を信じる者だけが滅びずに、救いを得ます。

祈り:主よ!主がこの世をさばかれる時、私と兄弟たちが、命じられた通りに行なって、イエス様を信じる者として現れるように助けてください。

一言:救いは命じられた通りに
カテゴリ:旧約聖書::創世記

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ