HOME > 2007年12月 > 02日


最後の災害
黙示録 15:1-8

 「最後の七つの災害を携えていた。神の激しい怒りはここに窮まるのである。」(1)

 七人の天使が七つの災害を携えていましたが、すなわち最後の災害です。この災害によって神様の怒りが終ります。その時にも、獣とその偶像と、その名前を象徴する数字に打ち勝った人々は海のほとりに立って、歌を歌います。彼らの歌は紅海を渡った彼らが歌ったモーセの歌です。すなわち小羊の歌です。この世でサタンが与えるすさまじい迫害と誘惑と試みは、まるで紅海のようです。それで主の御国に入って行くまで耐え忍び、信仰を守らなければなりません。これが霊的な紅海を渡ることです。信仰によって勝利した者たちは、紅海を渡ったイスラエル人のように感激を得ます。タンバリンを鳴らし、踊って歌ったイスラエル人のように神様を賛美します。小羊イエス様を通して得た永遠の勝利を歌います。全ての労苦が終った人々に永遠の感激が与えられます。
 しかし地上では最後の災害が始まります。天にある、あかしの幕屋の聖所が開き、七人の災害を携えた七人の御使いが出て来ます。彼らはきよい光輝く亜麻布を着て、胸には金の帯を締めていました。四つの生き物の一つが、神様の御怒りの満ちた七つの金の鉢を、七人の御使いに渡しました。金の鉢には聖徒たちの祈りが満ちています。神様は今この金の鉢を地上に向けた怒りの鉢として用いられます。神様は、私たちの嘆きと涙、祈りを受け入れられます。聖徒たちを迫害したこの世を公義によってさばかれます。この世はその罪によってさばきを受けます。しかし救われた人々は小羊の歌を歌います。

祈り:主よ!私がこの世で試練の紅海を渡ることで、最後の災害の時に小羊の歌を歌うように助けてください。

一言:小羊の歌
カテゴリ:新約聖書::ヨハネの黙示録

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ