HOME > 2007年10月 > 31日


にせ教師たちの正体
IIペテロ 2:12-22

 「ところがこの者どもは、捕えられ殺されるために自然に生まれついた、理性のない動物と同じで、自分が知りもしないことをそしるのです。それで動物が滅ぼされるように、彼らも滅ぼされてしまうのです。」(12)

I.理性のない動物たち(12-19)
 使徒ペテロは、にせ教師たちを、一言で、「捕えられ殺されるために自然に生まれついた、理性のない動物」と言いました。彼らは動物のように本能のまま行ないます。聖徒たちの交わりにおいても、霊的な喜びより肉体の快楽を求めます。その目は淫行に満ちていて、幼い信者たちを惑わし、罪を犯させます。彼らは貪欲で鍛えられた心を持った人々であり、バラムのように正しい道を行くことより、不正の利益を受け、不法を行ないます。むなしい大言壮語を話し、今決断し信仰生活を始めようとする人々を誘惑し、つまずかせます。また自由を利用して、肉体の情欲を合理化させ、罪のしもべとなります。人が動物のように本能のまま生きれば、ものを言うことのないろばよりも劣るようになります。

II.聖なる命令にそむいてはならない(20-22)
 私たちが救い主イエス・キリストを知ることで、世の汚れから逃れた後に、再び罪の生活に陥れば、イエス様を知る前より、さらに悪い状態となります。イエス様を信じる前に罪を犯した時には、良心が痛みますが、イエス様を信じた後に、にせ教師たちに誘惑されて罪を犯した時には簡単に悔い改めることができなくなります。これはまるで、吐いた物をまた食べる犬や、身を洗ってからまた泥の中に転がる豚のようです。イエス様も、クリスチャンたちが霊的な生活に力を入れなければ、後の状態が前よりも悪くなることを、たとえで教えてくださいました(マタ12:43-45)。私たちは汚れた生活をしないために、聖なる命令を守らなければならないのです。

祈り:主よ!にせ教師たちの正体を教えてくださり感謝します。私は彼らにだまされず、主の聖なる命令に従って行きます。

一言:聖なる命令を熱心に守ります
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ