HOME > 2007年10月 > 21日


王である祭司
Iペテロ 2:4-10

 「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。」(9a)

I.尊い生ける石(4-8)
 イエス様は人には捨てられました。しかし神様の目には選ばれた、尊い、生ける石だったのです。神様はイエス様を礎の石とされ、霊の家を建てられます。その家は、イエス様について行く弟子たちの集まりであり、神様が自ら設計し、お建てになられた教会です。私たちが生ける石である主イエス様に進み出て行く時、私たちも生ける石として霊の家に建てられます。そして、神様が喜ばれるいけにえをささげる聖なる祭司となるのです。イエス様を信じて従う者たちには、イエス様は宝となります。しかしイエス様を信じず、聞き従わない者たちには、つまずきの石、妨げの岩となります。

II.すばらしいみわざを宣べ伝えるために(9,10)
 「しかし、あなたがたは、選ばれた種族、王である祭司、聖なる国民、神の所有とされた民です。」(9a)。この御言葉は、私たちが主に在って、いかなる存在であるのかを、教えています。祭司は民のたましいのために祈り、彼らを神様に導く者です。祭司の務めが美しく尊いものです。それは、人々の霊的ないのちを生かす務めがあるからです。聖徒たちは神様が自ら選ばれ、お立てになられた祭司です。それも普通の祭司でなく、王である祭司です。神様が私たちをこのように尊い者としてくださったのは何故でしょうか。それは私たちをやみの中から、ご自分の驚くべき光の中に招いてくださった主御自身の、すばらしいみわざを宣べ伝えるためです。

祈り:主よ!私を王である祭司としてくださり、まことにありがとうございます。今や、私は、心からあなたの御業を宣べ伝えたく思います。

一言:あなたがたは王である祭司
カテゴリ:新約聖書::ペテロの手紙第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ