HOME > 2007年10月 > 15日


二種類の知恵
ヤコブ 3:13-18

 「しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。」(17)

I.世俗的な知恵(13-16)
 自分が知恵のある、賢い人だと思うなら、柔和な行ないによって示さなければなりません。その心に苦いねたみと敵対心があるときは、誇ってはいけません。そのような心から出る知恵は世俗的で、情欲的で、悪霊に属するものだからです。ねたみや敵対心のあるところには、秩序の乱れや、あらゆる邪悪な行ないがあるからです。知恵は人を高ぶらせますが、愛は徳を高めます(Ⅰコリ8:1)。愛の実を結べない知恵は本当の知恵とは言えません。

II.上からの知恵(17,18)
 「しかし、上からの知恵は、第一に純真であり、次に平和、寛容、温順であり、また、あわれみと良い実とに満ち、えこひいきがなく、見せかけのないものです。義の実を結ばせる種は、平和をつくる人によって平和のうちに蒔かれます。」(17,18)。本当の知恵は神様から来ます。本当の知恵の特徴は純真であることです。本当の知恵がある人は内面が純真であり、その生活が純真です。次に平和を愛し、寛容な心で人を許します。上から来る知恵を持った人は人を差別しません。偽りや妬みや争いも、このような知恵を持った者にはにあいません。上から来る知恵を持った人は温順であり、あわれみと良い実とに満ちています。本当の知恵を持った人かどうかはその人の人生の実を見れば、分かります。

祈り:主よ!私が世の知恵を慕い求めてきたことを悔い改めます。私を助け導いてください。これからは、上から来る知恵を慕い求めるように。

一言:上から来る知恵を慕い求めよう
カテゴリ:新約聖書::ヤコブの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ