HOME > 2007年10月 > 12日


人をえこひいきしてはいけません
ヤコブ 2:1-13

 「あなたがたは私たちの栄光の主イエス・キリストを信じる信仰を持っているのですから、人をえこひいきしてはいけません。」(1)

I.金持ちと貧しい人を差別してはいけません(1-7)
 世の中では、人をうわべで判断して差別することが一般化されています。それで人々は外的な条件を改善しようと、いろいろ努力します。しかし栄光の主イエス様の中では、うわべや外的な条件よりも、内面的な価値が高く評価されます。教会の中ではお金持ちのクリスチャンたちに良い席を与え、貧しいクリスチャンには末席を与えるということがあってはなりません。神様は、この世で貧しい者を選ばれ、信仰の面で富ませます。主とその子どものために自ら貧しくなり、信仰によって生きようとする人々はどれだけ貴いでしょうか。神様はこのような人々が神様の御国を相続することを喜ばれます。

II.あなたの隣人を愛せよ(8-13)
 神様がくださった最高の律法は「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」です。私たちの隣人とは今実際に助けを必要としている人を指します。神様は、私たちが苦しみの中にいる隣人を顧みて、実際に助けることを願われます。どんな時代、どんな状況の中であっても、この律法は変わることがありません。12節では、「自由の律法によってさばかれる者らしく語り、またそのように行ないなさい。」とあります。「自由の律法」とはキリストの福音を指します。福音によって救いを受けた聖徒たちは、旧約の律法の下にいる人々よりも、さらに成熟し、積極的に愛を実践することが当然なのです。

祈り:主よ!私は、あなたの御心に背をむけて人を差別することがありました。これからは、苦しみの中にいる隣人に仕えることができますように、私を遣わしてください。

一言:差別でなく、助けを
カテゴリ:新約聖書::ヤコブの手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<   2022年 08月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ