HOME > 2007年09月 > 28日


謙遜に懲らしめを受けるダビデ
IIサムエル 16:1-14

 「たぶん、主は私の心をご覧になり、主は、きょうの彼ののろいに代えて、私にしあわせを報いてくださるだろう。」(12)

I.ずるがしこいツィバ(1-4)
 ダビデが亡命の道を歩んでいると、ヨナタンの子メフィボシェテに仕えるツィバが多くの贈り物を携えて、ダビデを慰めるために出て来ました。しかしその影には悪賢いたくらみがありました。彼は多くの贈り物でダビデを慰めることで、ダビデに、自分の誠意を信じさせた後、偽りを言いました。すなわち、メフィボシェテが『きょう、イスラエルの家は、私の父の王国を私に返してくれる。』と言ったと嘘つきました。ダビデはツィバの言葉を聞いて怒りのあまり、あまり深く考えずに「メフィボシェテのものはみな、今、あなたのものだ。」と言ってしまいました。いくら多くの贈り物をくれるからといっても、ツィバのような人には警戒しなければなりません。

II.のろいを神様に委ねたダビデ(5-14)
 ダビデがバフリムという所に来た時、サウルの家の一族のひとりだったシムイがダビデを呪いました。彼は、神様がダビデを廃され、再びサウルの王家を立てられると思いました。アビシャイはそんなシムイを短剣で殺そうとしましたが、ダビデは、その呪いが、神様が彼に命じられたことである、と考えました(11)。自分から出た子どもでさえも、自分のいのちをねらっているのに、このベニヤミン人としてはなおさらのことだ、と言いました。そうしながらも、その一方では神様が自分の心をご覧になり、そののろいに代えて、しあわせを報いてくださることを信じました。ダビデは人から受けた全ての蔑みと苦しみを直接はらさずに、神様に委ねました。

祈り:主よ!私が人々からどのような扱いを受けても、感情のままに行なわず、ただただ、全てをあなたの委ねます。私を統治してください。

一言:のろいに代えて、しあわせを報いてくださる
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第二

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ