HOME > 2007年08月 > 21日


主に伺って行なったダビデ
Iサムエル 23:1-14

 「ダビデはもう一度、主に伺った。すると主は答えて言われた。『さあ、ケイラに下って行け。わたしがペリシテ人をあなたの手に渡すから。』」(4)

I.主にもう一度伺ったダビデ(1-5)
 ダビデはペリシテ人がケイラを打ったという知らせを聞きました。ダビデはケイラにいる自分の民を救うために、ペリシテ人を打ちに行くべきかを主に伺いました。神様がペリシテ人を打てという指示を下されました。ところが側近たちは亡命生活をしている中で、ペリシテ人を打つことは不可能なことだ、とすぐに反対しました。現実的な状況を見ると、ダビデは側近たちのことばを聞いて、ペリシテを打つことを諦めなければなりませんでした。しかし彼はもう一度神様に出て行って祈りました。そして、彼は側近たちの言葉より、神様の御声に従い、ケイラに下って行ってペリシテ人を打ち、ケイラの住民を救いました。

II.「主よ。どうか、あなたのしもべにお告げください。」(6-14)
 サウルはペリシテ人からケイラを防御することより、ダビデをなきものにしようとするのに血眼になりました。ダビデはサウルがケイラに下ってきて、それを包囲しようとする知らせを聞きました。それでダビデは再び神様に出て行って伺いました。ところがその答えは意外にもケイラの住民がダビデをサウルの手に引き渡すということでした。彼が救ったケイラの住民が彼らを裏切るという答えを聞いた時、ダビデの心情はどうだったのでしょうか。しかし彼は自分の感情のまま行なわずに、神様の指示どおりにケイラを離れ、他の所に行きました。

祈り:主よ!あなたに伺いを立てることなく行なったことを悔い改めます。私がダビデのように、いつもあなたに尋ね、あなたの御旨に生きることができますように御導きください。

一言:もう一度伺った
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ