HOME > 2007年08月 > 04日


値打ちのないものだけを聖絶した
Ⅰサムエル 15:1-15

 「ただ、つまらない、値打ちのないものだけを聖絶した。」(9)

I.不従順のサウル(1-9)
 神様は、過去アマレクがイスラエルに行なった悪を覚えられ、サウルにアマレクを打つように、命じられました。彼らを打つ時、全ての所有物を残さずに、聖絶するように命じられました(3)。これは神様に敵対するアマレクにくだしたさばきであり、過去不従順したサウルが悔い改め、従順できる機会でした。しかしサウルはアガグと肥えた羊や牛の最も良いもの、子羊とすべての最も良いものを惜しみ残しました。神様は「すべてのものを聖絶せよ」と命じられましたが、彼はつまらない値打ちのないものだけを聖絶しました(9)。サウルは、自分に値打ちのないつまらないものを神様にささげ、最も良いものは自分のために残して置きました。神様に従うふりをしましたが、自分の益になることだけに従うことは、本当の従順ではありません。神様は私たちの中心をご覧になります。どんな犠牲や損害を払ってでも、神様に最も良いものをささげなければなりません。

II.不従順を正当化しようとしたサウル(10-15)
 サウルの不従順によって、神様は彼を王として立てたことを後悔されました(11)。しかしサウルは意気揚々として、自分のために記念碑を立て、サムエルに「主のことばを守った」と言いました。サムエルが「私の耳にはいるあの羊の声、牛の声はいったい何ですか。」と問い詰めると、神様にいけにえをささげるために、羊と牛の最も良いものを惜しんだのだと、不従順を合理化させました。

祈り:主よ!益になることだけに耳を傾けていた不従順の罪を悔い改めます。これからは損害を受けても、最も良いものをささげます。

一言:損害よりも従順を
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ