HOME > 2007年07月 > 26日


ほかのすべての国民をうらやましく思うイスラエル
Ⅰサムエル 8:1-21

 「私たちの王が私たちをさばき、王が私たちの先に立って出陣し、」(20)

I.不信者たちをうらやしいと思ったイスラエル(1-8)
 イスラエルは、サムエルが年おいて彼の息子たちが堕落したのを見て、サムエルのところに行き、自分たちにもほかのすべての国民のように王を立てて欲しい、と要求しました。民たちが王を求めるのは、実はサムエルが年老いて息子たちが堕落したからではなく、神様を信じることができず、目に見える人に頼っていたからです。彼らは異邦人が強いのは王がいるからだと考え、王を要求しました(5)。イスラエルは神様の民でありながら、神様を誇ることより、むしろ不信者たちをうらやましいと思いました。しかしこれは結局神様を捨てて、神様のしもべを捨てる悪い行ないでした(7)。不信者たちの不安な内面を見ることができずに、それらしい内面を見ることは愚かなことです。

II.王をくださった神様(9-21)
 神様は、民たちの問題を知っておられましたが、王の制度を許してくださいました。しかし王の制度は民たちにとって大きな負担となり、新しい束縛になります(11-17)。王に払う代価はあまりにも大きなものです。それでも民たちの目には、その制度の束縛は見えず、華やかな姿だけ見えました。人がある世俗的な願いをすると、その背後には束縛や苦しみが見えず、うわべの良いことだけが見えます。神様は人格的な方です。民たちが最後まで神様の御声を聞かなくなると、一時的に世のものを許してくださいました。それは、彼らが自ら自分たちの罪を悟り悔い改めるまで待たれるからです。

祈り:主よ!私が世の世俗的な外側だけを見て、彼らをうらやましいと思った罪を悔い改めます。主が私の王となって治めてください。

一言:神様が最も良い
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ