HOME > 2007年07月 > 25日


イスラエルを治めるサムエル
Ⅰサムエル 7:2-17

 「そのころ、サムエルはイスラエルの全家に次のように言った。『もし、あなたがたが心を尽くして主に帰り、あなたがたの間から外国の神々やアシュタロテを取り除き、心を主に向け、主にのみ仕えるなら、主はあなたがたをペリシテ人の手から救い出されます。』」(3)

I.民たちに悔い改めるように促すサムエル(2-6)
 主の契約の箱がキルヤテ・エアリムに行った後、イスラエルは神様を切に慕い求めました。彼らは神様に立ち帰ろうとしました。その時サムエルは、彼らが神様に立ち返るためには外国の神々を取り除き、心を神様に向けるように、言いました。そうすればペリシテから彼らを救い出されると言いました。そこで民たちは偶像を捨てて神様にだけ仕え、サムエルの指示する通りにミツパに集まって断食し、神様に罪を告白して悔い改めました(6)。私たちが偶像と世のものをすべて持ったまま、神様に行くことはできません。捨てる物は捨てて、心を神様にだけ向けなければなりません。

II.民のために祈るサムエル(7-17)
 サムエルがこのようにミツパで悔い改めの運動を行なっている時、ペリシテ人たちが攻めて来ました。イスラエルは恐れをなしましたが、それでもサムエルに祈りを求めました。この難局に、サムエルは子羊で全焼のいけにえをささげ、神様に叫び、イスラエルのために祈りました(9)。神様はサムエルの祈りに答えられ、雷鳴でペリシテ人を打ち負かされました。彼が生きている間、ペリシテ人を防ぎ、イスラエルに平和をくださいました。御言葉と祈りのしもべであり、牧者の心情を持った指導者がイスラエルを治める時、民たちは勝利し、神様の平和を受けるようになります。

祈り:主よ!この私を用いてください。足りない者ですが、サムエルのような御言葉のしもべ、祈りをする牧者として生きることができますように御助けください。

一言:祈る指導者
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ