HOME > 2007年07月 > 23日


ダゴン神殿にある神の箱
Ⅰサムエル 5:1-12

 「翌朝、アシュドドの人々が早く起きてみると、主の箱の前の地面にダゴンがうつ伏せに倒れていた。人々はダゴンを持ち上げ、元の場所に据えた。」(3)

I.唯一の神様(1-5)
 ペリシテ人は神の箱をアシュドドにあるダゴン神殿に置きました。彼らは自分たちがイスラエルの神、主を捕らえて来た、と思い、ダゴンの補助神として立てようとしました。しかし翌朝見てみると、ダゴンは首が折れたまま、主の箱の前にひれ伏し、うつ伏せに倒れていました(3)。再び起こして立てると、その次の日にはダゴンの首だけが残っていました。神様は全ての偶像と区別された唯一の神です(出20:3)。

II.聖なる神様(6-12)
 神様は、神様を冒涜したアシュドドの人々にはれ物と災害をもたらし、その地域をさばかれました。彼らは主の箱を、ガドとエクロンに移しました。しかし神様は行く先々でさらに大きな患難と災いをくだされました。その時になってペリシテ人は神の箱をイスラエルの地に送り返さなければ、災いがやまないことを悟るようになりました。彼らは戦争でイスラエルに勝つことができましたが、神様に向かうことができないことを、悟るようになりました。
 このように誰も神様に向かっていくことはできません。神様は生きて、働いておられる方です。きよく全能なる方です。神様は、神様を軽んじる者に、その力ある御手を使われます。神様を恐れ敬わない時、大きな罰を受けるようになります。

祈り:主よ!栄光と誉れと賛美をあなたに御捧げいたします。あなたを畏れ敬う霊を、私に御注ぎください。

一言:神様の御手
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ