HOME > 2007年07月 > 21日


神の箱を奪われたイスラエル
Ⅰサムエル 4:1-11

 「神の箱は奪われ、エリの二人の息子ホフニとピネハスは死んだ。」(11)

I.ペリシテ軍に敗れたイスラエル(1-4)
 イスラエルはペリシテ軍とのエベン・エゼルの戦いに敗れ、四千人の戦死者を出しました。これは彼らが今までイスラエルを戦争で勝利に導かれた神様を忘れていたからです。彼らは今でも祭司エリを始め、全民が悔い改めなければなりませんでした。ペリシテは神様のさばきの道具でした。しかし戦争で負けると、イスラエルの長老たちは神様に不平をもらし、主の契約の箱を利用して戦争に勝とうとしました(3)。彼らは契約の箱が自分たちの陣営にあれば、勝利するという迷信に落ちていました。

II.神の箱が奪われたイスラエル(5-11)
 主の契約の箱が陣営に到着すると、イスラエルの全軍が大歓声をあげました。この声を聞いたペリシテ人は主の契約の箱がイスラエルの陣営に入って来たことを悟りました。彼らは、強力なエジプトの軍隊を退けたイスラエルの神も共に攻めて来ると思い、恐れました。ペリシテ人は、今主の力によって死ぬことがあっても、戦おうと決心し、イスラエルを打ちました。イスラエルは大敗し、歩兵三万人が倒れました。
 主の契約の箱は御言葉がある所であり、神様がイスラエルと共におられるというしるしです。イスラエルは神様の御言葉を思い、その前で悔い改めることより、神の箱を利用して戦争で勝利しようとしましたが、敗れてしまいました。エリの二人の息子は同じ日に死んでしまいました(11)。

祈り:主よ!あなたを利用しようとする罪を犯さないように御守りください。いつも、あなたの御言葉の前で、心から悔い改め、付いて行きます。

一言:神様を利用しようとしないように
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ