HOME > 2007年07月 > 20日


サムエルを預言者としてお立てになった神様
Ⅰサムエル 3:10-21

 「サムエルは成長していった。主は彼と共におられ、その言葉は一つたりとも地に落ちることはなかった。」(19)

I.召されに答えたサムエル(10-18)
 神様はこれまでと同じように幻の中に現われ、サムエルの名を呼ばれました。
「サムエルよ。」その時、サムエルは「どうぞお話しください。僕は聞いております。」と答えました(10)。サムエルはまだ少年でしたが、いつでも神様の召されに答える準備ができていました。
 神様はサムエルを呼ばれた後、彼に御言葉をお与えになりました。エリの家をさばくという御言葉です。少年サムエルが、今彼が仕えているエリにさばきのメッセージを伝えることは、本当につらいことです。しかしサムエルは神様の御言葉に聞き従ってさばきのメッセージを伝えました(18)。預言者になるためには真実を伝える勇気がなければなりません。神様はサムエルを預言者として立てるために、この点を訓練されました。

II.サムエルを預言者としてお立てになった神様(19-21)
 サムエルは成長していきました。神様は彼と共におられ、彼の言葉が一つたりとも地に落ちないようにされました(19)。また御言葉でご自分を現されました。その時全イスラエルはサムエルが神様の預言者として立てられたことを知りました。
 神様のしもべは何よりも召されがなければならず、また神様から受けた御言葉がなければなりません。そうすれば神の人として認められるようになります。

祈り:主よ!私は、あなたの召されに従って出て行きます。どうぞ、私にお話ください。

一言:御言葉のしもべ
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ