HOME > 2007年07月 > 14日


心を痛め、誓願したハンナ
Ⅰサムエル 1:1-18

 「私はその子の一生を主におささげします。」(11)

I.ペニンナがいらだたせた(1-6)
 エルカナに二人の妻がいましたが、彼女たちの名前はハンナとペニンナでした。ハンナは夫の愛を受けていましたが子どもがなく、ペニンナは愛されませんでしたが、子どもがいました。エルカナはいけにえをささげた時、ハンナには二倍の分け前を与えていました。これを見たペニンナは妬みが生じ、ハンナが子どもを産めない点を上げ、ひどくいらだたせました。

II.はしための悩みを顧みて(7-18)
 毎年主の宮に上って行くたびに、ペニンナはハンナをいらだたせたので、彼女は泣くしかありませんでした。その時、ハンナは心を痛め、主に誓願を立てました。「万軍の主よ。もし、あなたが、はしための悩みを顧みて、私を心に留め、このはしためを忘れず、このはしために男の子を授けてくださいますなら、私はその子の一生を主におささげします。そして、その子の頭に、かみそりを当てません。」(11)。彼女が長い時間声を上げずに祈ると、祭司エリは彼女が酒に酔っているのだと思い、「酔いをさましなさい。」と言いました。その時ハンナは、自分が避けによっているのではなく、つのる憂いといらだちのため、主の前に自分の心を注ぎ出しているのだと言いました。するとエリは、神様が彼女の祈りを聞いてくださるように、と言いました。
 ハンナはペニンナが自分をいらだたせた時、感情のまま争うこともできました。しかし彼女は全ての問題を主に持って行き、心を痛め、誓願の祈りをすることで、神様の助けを求めました。神様はこのような切なる祈りを聞かれ、それに答えてくださる方です。

祈り:主よ!私も深刻な人生の問題を持ってあなたの御前に出て行くことができるように助けてください。誓願の祈りに心を留めて聞いてくださるあなたの御前に。

一言:誓願の祈りを聞いてくださる神様
カテゴリ:旧約聖書::サムエル記第一

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ