HOME > 2007年07月 > 13日


協力者を尊ぶパウロ
ローマ 16:1-27

 「キリスト・イエスに結ばれてわたしの協力者となっている、プリスカとアキラによろしく。」(3)

I.彼らによろしく(1-16)
 パウロは手紙を終えながら、ローマにいる多くの聖徒たち一人一人によろしくとあいさつをしています。パウロはまずケンクレアイからまっすぐにローマに行くようになる姉妹フェベをよく迎え入れるように頼みます。彼女はパウロと多くの聖徒たちを保護してくれた人です(2)。またパウロが危険に処せられた時、命がけで献身したプリスカとアキラに深く感謝しました(4)。それだけではなく、数多く労苦したマリアと主にあって苦労した協力者たち一人一人に安否を問いました。パウロは協力者たちの献身を当然だとは思いませんでした。彼らの苦労を深く認め、神様に感謝しました。パウロが行く所々で多くの人を得て、力強く神様の御業に仕えることができたのは、このような協力者たちの苦労を尊く思ったからです。

II.彼らから遠ざかりなさい(17-21)
 教会には主に忠実な人だけではなく、福音の敵もいます。パウロは争いを起こし教会をつまずかせる者たちを警戒し、彼らから欺かれないように教えています(17)。彼らは御言葉に聞き従わず、自分の腹だけ満たそうとします。彼らはうまい言葉やへつらいの言葉によって純朴な人々の心を欺き、罪に陥らせようとするサタンの子どもです。
 パウロは最後にイエス・キリストの福音によって、全人類を救おうとされる知恵の神様を賛美します(27)。

祈り:主よ!主にあって労苦する協力者たちの献身によって、心から感謝します。私はこの恵みをいつも忘れません。

一言:協力者たちの献身に感謝しよう。
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ