HOME > 2007年07月 > 10日


キリストを見習いなさい
ローマ 15:1-13

 「キリストが神の栄光のために、私たちを受け入れてくださったように、あなたがたも互いに受け入れなさい。」(7)

I.力のない人たちの弱さをになうべきです(1-6)
 私たちの信仰生活で、よく問題になるのは、聖徒たちの間で一つになることができないことです。使徒パウロはこの問題を解決するために、互いにイエス・キリストを見習うように教えています。
 力のある者は自分を喜ばせるために好き勝手に行なってはいけません。力のない人たちの弱さを担い、隣人を喜ばせ、善を行ない、徳を高めなければなりません。イエス様は、ご自身を喜ばせることはなさいませんでした。むしろ罪人たちのためにそしりを受けられました。私たちはこのイエス様を見習わなければなりません。私たちは自分を喜ばせず、隣人を喜ばせるためには、しばしば悔しい思いもするかも知れません。しかしイエス様を望みにすべきなのです。

II.神様の栄光のために(8-13)
 イエス様はイスラエルの民のしるしである割礼を受けられました。それはキリストをイスラエルの中に遣わされる神様の真実な約束を堅くするためでした。それだけではなく、イエス様は異邦人たちに憐れみを施されました。それは国々が主に感謝し、主の御名をほめたたえ、神様の民とともに喜ぶという神様の御言葉を成就するためでした。イエス様はこのようにイスラエルも受けいれ、異邦人たちも受け入れてくださることで、神様に栄光をささげました。それで私たちも一つとなり、神様の栄光のために、互いに受け入れなければなりません。

祈り:主よ!私がイエス様を見習い、力のない人を受け入れます。私たちが互いに受け入れることで、一つとなり、神様の栄光となるように祈ります。

一言:互いに受け入れなさい
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ