HOME > 2007年07月 > 09日


自由と愛
ローマ 14:13-23

 「キリストが代わりに死んでくださったほどの人を、あなたの食べ物のことで、滅ぼさないでください。」(15)

I.あなたの食べ物のことで、滅ぼさないでください(13-16)
 主に在る者とはイエス・キリストの福音を受け入れ、罪と律法から自由を得た人々です。主に在る私たちは自由人なのです。しかしこの自由を乱用するならば、兄弟をつまずかせ、神様の御業を妨げることにもなります。
 当時、ユダヤ教やギリシヤ思想の影響で、ある食物はきよく、ある食物は汚れているという論争がありました。私たちは主に在っては何でも飲み食いする自由があります。汚れた食物が別にあるのではありません。ただある人が特定の食物が汚れていると思うのなら、その人にとっては汚れているのだということを理解してあげるべきです(14)。
 自由だからと言ってどんな食物もむやみに食べ、兄弟を混乱させてしまってはならないのです。それはキリストが身代わりになって死なれた尊い兄弟を滅ぼす大きな罪となります。自分の自由よりも、兄弟への愛を大切にすべきなのです。

II.神様の御業を破壊してはいけません(17-23)
 主に在る私たちは自由に飲み食いすることによって得る自由と喜びよりも、聖霊による義と平和と喜びを求めなければなりません。大して問題にもならない食物を食べることで、兄弟をつまづかせ、神様の御業を破壊してはいけません。何よりも飲み食いできる自由がありますが、兄弟と神様の御業のためならば、
むしろそれを放棄することは良いことです。

祈り:主よ!私は、自由を乱用し、兄弟をつまずかせることがありました。これから進んで教会の徳を高めるために力を尽くします。

一言:自由より愛を
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ