HOME > 2007年07月 > 08日


互いにさばいてはいけません
ローマ 14:1-12

 「なぜ、あなたは自分の兄弟をさばくのですか。」(10)

 教会にはいろんな種類の人がいます。ある人は信仰が良くどんな食物でも気にせずに食べ、ある人は野菜よりほかには食べません(2)。このような場合、食べる人は食べない人を侮り、食べない人も食べる人をさばいてしまいがちです(3)。しかし互いにさばくのではなく、むしろ互いに受け入れなければなりません。彼らは、神様によって受け入れられ、救われた神様の子どもだからです。
 どんな食物を食べるべきなのか、どんな日をもっと重んじるのかの問題は、自分の信仰の良心に従って決定すべき些細なことです(5)。日を守る人は主のために守っています。食べない人も、主のために食べないのです(6)。主に贖われた私たちはみな、生きるなら主のために生き、死ぬなら主のために死ぬ人々です(8)。ですから利己的な欲望のために行なわない限り、互いにさばく必要がありません(7)。
 私たちの全ての行ないをさばかれる方はただキリスト・イエスお一人です。イエス様は死んで、また生きられたので、死んだ人と生きている人をさばかれるさばき主です(9)。私たちはみな最後の日に、さばき主である主の前にひざまづいて、それまで行なったことをみな告白し、さばきを受けるようになります(11)。ですから私たちがむやみに兄弟をさばいたり、侮ることは、明らかに越権行為です(10)。私たちは他人をさばく前に、自分を顧みようではありませんか。

祈り:主よ!私が自分の基準によって他人をさばき、しばしば非難していました。今すべてのさばきは、あなたに御委ねし、兄弟を受け入れます。

一言:互いにさばいてはならない
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ