HOME > 2007年07月 > 06日


主に在る者の社会生活
ローマ 13:1-7

 「人はみな、上に立つ権威に従うべきです。」(1)

I.権威に逆らってはいけません(1-5)
 主に贖われた私たちは神様の御国に望みを置いて生きている天の御国の市民です。それで私たちは「神様にだけ聞き従えば良いのに、この世の権威ある者に従う必要があるのか。」という考えを持ちやすいです。しかしパウロは主に在る者は皆、権威に従うべきだと教えています。なぜなら全ての権威はみな神様によって立てられたものだからです(1)。役人たちは神様の使いであり、私たちが善を行なうのを助ける人々です。同時に神様は彼らに、悪を行なう者に対して神様の怒りで報いる使命とそれに必要な権威をお与えになりました。それで私たちが善を行なっているなら、役人たちを恐れる必要がありません。私たちが権威ある者に屈服するのは、彼らが恐ろしいからではなく、彼らが神様の使いであるという良心からです。
 世の権威が神様の御座に敵対するなら、殉教を覚悟して戦わなければなりません(ダニ3:18)。しかし権威ある人だからといって、公然と憎む必要はありません。権威ある者でも尊敬する人は尊敬しなければなりません(7)。

II.税を納めなさい(6,7)
 主に贖われた私たちは天の御国の市民であると同時に、この世の国の市民です。天の御国の市民として神様と、その御業に忠実でなければならないように、世の国に対しても義務を果たさなければなりません。納税の義務も誠実に果たさなければなりません。税金を払えば、役人たちは神様の働き人として国民に仕え、国の仕事を行なうのに必要な経費を使うことができます。

祈り:主よ!私が信仰の良心に従って、権威ある者に従います。

一言:信仰の良心に従って
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ