HOME > 2007年07月 > 04日


生きた供え物
ローマ 12:1-8

 「神に受け入れられる、聖い、生きた供え物としてささげなさい。」(1b)

I.聖い、生きた供え物(1,2)
 私たちは救われて神様の子どもとなりました。ですから、これからは、私たちのからだを、神様が喜ばれる聖い、生きた供え物として捧げるように生きて行きましょう。獣をささげるだけの形式的で死んだ供え物でなく、自分自身を神様に受け入れられる、生きた供え物として御捧げするべきなのです。それが神様が喜ばれる供え物であり、霊的な礼拝です。
 神様が喜ばれる生きた供え物をささげるためには、この時代に習うべきではありません。心を新しくし、神様のみこころを見分けるべきなのです。この世は人間中心的で、相対的です。神様を忘れ去って、敵意を向けさえしています。ですから、この世と調子を合わせてしまうならば、決して神様が喜ばれる供え物をささげることもできず、この世に信仰の良い影響を及ぼすこともできないのです。

II.キリストのからだ
 主に在る私たちは、思うべき限度を越えて思い上がってはいけません。むしろ、神様から与えられた信仰の量りに応じて、慎み深くあるべきなのです。一人がすべてのことをし、一人が全ての栄光をみな独占しようと思うことは、実に愚かな考えです。私たち一人一人はキリストの体を構成する器官です。私たちの手と足に、それにふさわしい務めがあるように、私たち一人一人にも異なった賜物が与えられており、それにふさわしい務めがあります。私たちは、神様が私たちにくださった賜物に感謝し、その賜物において神様の喜びに与ることができるように生きて行くべきなのです。その賜物において、兄弟たちに仕えて行くべきなのです。

祈り:主よ!私は、世の罪の濁流に流されて来たことを、今、悔い改めます。私のからだを、あなたに、聖い、生きた供え物としてささげることができますように、私を御守りください。

一言:あなたのからだを、生きた供え物としてささげなさい
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   2019年 12月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ