HOME > 2007年06月 > 03日


御名のために
ローマ 1:1-7

 今日の御言葉は、ローマ人への手紙の序論(1:1-17)の一部分であり、個人的な紹介とあいさつです。短い自己紹介とあいさつを通して、福音の働き人としての姿勢と福音に対する確信を学ぶことができます。

I.福音のために(1-4)
 パウロは、自分をイエス・キリストのしもべとして紹介しました。彼は、過去律法の奴隷であり、罪の奴隷でした。しかし今はイエス・キリストのしもべとなりました。イエス様から受けた愛の負債があまりにも大きいために、自ら進んでその方のしもべとなりました。しもべとは絶対服従する者であり、忠実な者です。また彼はイエス様の全権大使として召されました。福音を弁明して拡張するために選ばれました。
 福音は神様から始まったもので、ご自分の御子に関して預言者たちを通して聖書ですでに約束されたものです。その御子は肉においてはダビデの子孫として生まれ、霊的には、死者の中からの復活により、神様の御子として示されました。このイエス様は私たちの主であり、キリストです。

II.御名のために(5-7)
 私たちは、このイエス様を通して、救いの恵みを受けました。救いの恵みを受けた人々は人生の目的と方向が変わります。これ以上、自分のためには生きず、イエス様の御名のために生きるようになります。またあらゆる国の人々が信じて、従順させる使徒の務めを担うようになります。私たちの務めは私たちを救われたキリストがくださった聖なる務めです。それで聖なる神様の御前で担わなければなりません。
 パウロはローマの聖徒たちに恵みと平安があることを祈りました。

祈り:主よ!私はイエス・キリストのしもべです。これから福音のために、あらゆる国の人々が信じて従順するようにさせます。

一言:信仰の従順をもたらすのです
カテゴリ:新約聖書::ローマ人への手紙

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<   2021年 11月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ