Deprecated: Function ereg() is deprecated in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 102

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php:102) in /virtual/koinonia21/public_html/daily.kirisuto.info/index.php on line 1577
日ごとの糧::旧約聖書::ナホム書
HOME > 旧約聖書 > ナホム書


わざわいの根
ナホム 3:1-19

 「ああ。流血の町。虚偽に満ち、略奪を事とし、強奪をやめない。」(1)

 ニネベがなぜ戦争の惨劇を経て滅びるようになったのでしょうか。第一に、不品行のためです。ニネベは虚偽と略奪が満ちていました。強奪をやめませんでした。一言で、「流血の町」でした。彼らが富を得たのは、数多くの人々を殺戮し、略奪したからです。特に彼らは淫行する遊女の欲望を抱きました。快楽の都市でした。快楽を満たすために、正しくて良い全てのものを堕落させました。しかし神様は彼らを裸にされます。見世物にします。世の中は次第に快楽文化が満ち溢れます。私たちは完全にこの文化に露出されています。快楽はつかの間の楽しみをくれます。しかし永遠の破滅へ至ります。第二に、残忍なためです。ニネベはエジプトの町ノアモンを滅ぼしました。その幼子たちをあらゆる町かどで八つ裂きにしました。神様は彼らの残忍なことに対してさばかれます。神様は彼らの残忍なことと同様のことをされます。それでも彼らは自分たちは安全だと考えます。塁と若者たちと堅い城門と閂に頼りました。しかしそのどんなものも、神様のさばきの前では何の助けにもなりません。
 人が将来さばかれるのは罪によるものです。罪のために滅亡の実、さばきの実を結びます。神様はその行ない通りにさばかれます。それで今日私たちはイエス様を信じなければなりません。信仰によって快楽に打ち勝たなければなりません。信仰によって他人を配慮する生活をしなければなりません。そうすれば永遠のいのちを得ます。

祈り:主よ!私がわざわいがどこから来るのかを学びました。イエス様を信じて、信仰によって行き、永遠のいのちを得るように助けてください。

一言:わざわいを招く罪
カテゴリ:旧約聖書::ナホム書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
回復される
ナホム 2:1-13

 「主は、ヤコブの栄えを、イスラエルの栄えのように回復される。」(2)

 ニネベはどのようにして滅びるのでしょうか。散らす者が攻め上って来ました。BC612年にバビロンが攻めて来て滅ぼしました。勿論ニネベは自ら迎え撃とうとしました。塁を守り、道を見張り、腰をからげ、大いに力を奮い立たせようとしました。彼らの戦車は通りを狂い走りました。彼らの兵士たちは広場を駆け巡り、坊柵を設けました。しかし何の役にも立ちませんでした。川の水門が開かれ、洪水が起こりました。ニネベの宮殿は消え去りました。赤い盾のバビロン軍が槍と剣を抜いて、水が押し寄せるように、町の中に入り込み、略奪するようになります。ニネベは空虚になり、荒れ果てました。ニネベは大きく強い町ですが、神様が滅ぼそうとされると、一瞬のうちに滅びました。大きく強い町であっても、神様が主管されます。歴史の主管者は神様です。神様はこれを通して、ご自分の民の栄光を回復されます。この時代も、強い国々は角逐します。しかし神様は全ての歴史を主管され、ご自分の民の栄光を回復されます。
 ニネベはまるで獅子のほら穴のようです。雄獅子と雌獅子、子獅子が共に生活するようなものです。雄獅子は獲物を引き裂いてから、そのほら穴を引き裂いた物で満たすように、国々を略奪し、その町を満たしました。それも誰も制止することができませんでした。しかし神様は列国を威嚇するニネベの伝令の声が聞こえないようにされます。神様は歴史の主管者です。

祈り:主よ!私が歴史の主管者である神様を信じます。この国も主管され、神様の民の栄光を回復してください。

一言:歴史の主管者は神様
カテゴリ:旧約聖書::ナホム書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加
見よ
ナホム 1:1-15

 「良い知らせを伝える者、平和を告げ知らせる者の足が山々の上にある。」(15)

 「ナホム」という名は「慰労」あるいは「慰安」という意味です。ナホムはニネベの滅亡に関するメッセージを伝えます。このメッセージを聞く人々はユダヤ人です。彼らはアッシリヤの残忍な支配によって苦しめられました。患難の日には慰めが必要です。慰めは神様を仰ぎ見る時、訪れます。神様はどんな方でしょうか。ご自分に逆らう者には報復され、御怒りを抱かれます。正しい方で、罪を罰せられずに見過ごす方ではありません。全能なる方なので、罰せられない者はいません。海をしかって、これをからし、すべての川を干上がらせることができます。それで神様の御怒りの前に、誰が立つことができるでしょうか。また神様は正しい方です。患難の日にご自分に頼る者たちのための、苦難のとりでです。神様はユダの民たちを愛されます。彼らを苦しめる者を報復されます。
 この神様を見る時、神様がニネベを滅ぼされることが分かります。ニネベは七十年前にはヨナのメッセージを受け入れ、悔い改めることによって、救いを受けました。しかし時間が経つと、恵みを忘れ、再び神様に敵対しました。彼らの王は再び主の前に悪を行ないました。彼らは、自分が大きな気骨の持ち主であり、血気旺盛で、数が多いことを信じて、悪を行ないました。神様はこのような彼らを必ず滅ぼされます。これがユダにとって良い知らせであり、平和の知らせです。患難を受けた時、どこから慰めを得ようとしますか。神様を仰ぎ見るなら、慰めと望みを見るようになります。

祈り:主よ!私が患難の中で、慰め主、全能で正しい神様を仰ぎ見て、慰めを受けるように助けてください。

一言:神様を仰ぎ見ます
カテゴリ:旧約聖書::ナホム書

ソーシャルブックマーク登録
イザ!ブックマーク Yahoo!ブックマークに登録 newsingに投稿 はてなブックマークに追加 こはてなアンテナに追加 del.icio.usに追加する ニフティクリップに追加 Livedoor クリップに追加 FC2ブックマークに追加 PingKingポッケに追加 Technorati に追加 POOKMARK Airlinesへ追加 Saafブックマークへ追加 Choixへ追加 Blinklistへ追加 JoltMarkへ追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなユーザーの評価 この記事をクリップ! livedoorユーザーの評価 Buzzurlにブックマーク Buzzurlにブックマーク このエントリーをGoogleBookmark に追加

  
カレンダー
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<   2017年 02月   >>
カテゴリ
プロフィール
RSSフィード

Add to Google
ADD TO Hatena::RSS
My Yahoo!に追加
Subscribe with livedoor Reader
PAIPO Readerへ追加
feedpathへ追加
gooリーダーへ追加
エキサイトリーダーに登録
HanRSSに追加
Bloglinesで閲読登録
Technorati お気に入りに登録
NewsGator Onlineへ追加
Subscribe in Rojo
Add to FeedShow
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教・クリスチャンへ